【速報】期間工の募集状況特典総額300万円以上

仕事辞めたい!仕事に疲れたは甘え?150名に聞いた辞めたい理由

本ページは一部プロモーションを含みます。掲載内容は予告なく変更される場合があります。

仕事に対しての疲れや不満は、誰にでもあると思います。しかし、その疲れや不満が「仕事辞めたい」という気持ちに繋がるのか、それは評価が分かれます。

仕事に対しての疲れや不満が、単にストレスや疲れから来ているのか、それとも、自己中心的な思考や甘えから来ているのか、それは重要な視点です。

本文では、仕事に対しての疲れや不満が「仕事辞めたい」という気持ちに繋がるのかを検討します。


■2024年最新の期間工募集状況

>>特典総額300万円以上の期間工はこちら


この記事の目次

\ 入社お祝い金最大100万円!/

寮費無料年収500万円以上の求人多数!

仕事辞めたい理由ランキング

出社する時、仕事中、会議中もずっと仕事辞めたいと思っていますが、同じ経験はないですか?今回は、みんなの「仕事辞めたい」「疲れた」を150人にアンケートして回答してもらいました。

仕事辞めたいと嘆いた人の多くはお金が理由でしたが、仕事を辞めれない理由もまたお金という皮肉にもリアルな返答がたくさん返ってきました。その他、仕事に疲れたときの対処法や仕事を辞めたいけどやめれない理由も一緒にご紹介します。

調査対象:全国の会社員を対象
実施期間:2022年11月10日~11月12日
調査方法:インターネットによるアンケート
調査人数:150人

第1位「仕事に疲れた」

仕事辞めたい理由

仕事を辞めたい理由で一番多かった答えが「仕事に疲れた」でした。仕事が辛い、仕事量が多い、クレーム対応など仕事に対しての不満がとても多かったです。

第2位「上司が嫌い」

次いで2位が上司の不満が多く、上司の傲慢さ、理解力、ハラスメントなど嫌われ方が尋常じゃなかったです。もしかしてあなたも部下に嫌われてるかも?

第3位「人間関係」

3位は人間関係で仕事を辞めいと思っている方が多かったです。上司の不満と同じく、コミュニケーションが上手くできなかったり、意見の食い違いやいじめ、嫌がらせなど直接仕事に関係ないことへの不満も多く見受けられました。

第4位「給料が安い・待遇が悪い」

4位は給料が安い・待遇が悪いです。一生懸命頑張っても給料が上がらなかったり、休日が少ないなどかなり不満がたまっていました。ですが、ランキングでは4位ですので意外とみんな給料に対して満足度が高いようです。

第5位「社風が合わない」

5位は社風に合わないです。価値観のズレから働く人にとって大きなストレスとなっているようです。入社前にはわかりずらい社風だからこそ、入社して後悔する人も多いようですね。

\ 入社お祝い金最大100万円!/

寮費無料年収500万円以上の求人多数!

ストレスから仕事を辞めたいときの対処法

ストレスは、仕事においてもっとも一般的な問題のひとつです。特に、長時間働き、過剰な仕事、不適切なワークライフバランスなどが原因で、ストレスを感じることがあります。しかし、ストレスが原因で仕事を辞めたいと考えることはよくあることです。そこで、ストレスから仕事を辞めたいときの対処法を紹介します。

ストレスの要因を特定する

まず最初に、ストレスの要因を特定することが重要です。

ストレスを感じる原因は個人差がありますが、よくある原因としては、仕事の量、責任、期限、上司や同僚との関係、職場の雰囲気などが挙げられます。特定した要因を元に、ストレスを軽減するための方法を見つけることが大切です。

ストレスを軽減するための方法を見つける

次に、ストレスを軽減するための方法を紹介します。

  • 休憩を取ること:仕事中に休憩を取ることで、ストレスを軽減することができます。
  • 運動をすること:運動はストレスを軽減する効果があります。
  • 睡眠をとること:十分な睡眠をとることで、ストレスを軽減することができます。
  • 瞑想やヨガをすること:瞑想やヨガは、ストレスを軽減する効果があります。

適度な運動をする

ストレスを軽減するためには、様々な方法があります。まず、適度な運動をすることで、ストレスを軽減することができます。運動は、身体を動かすことでストレスホルモンを分泌し、心身をリラックスさせることができます。

健康的な食生活

健康的な食生活を心がけることも大切です。適度な栄養をとることで、身体を健やかに保つことができ、ストレスを軽減することができます。

呼吸法や瞑想・ヨガ

呼吸法や瞑想、ヨガなどの心身のバランスを取るための方法も有効です。これらを習慣的に行うことで、ストレスを軽減することができます。

趣味や興味を持つ

ストレスを感じた時には、趣味や興味を持つことも有効です。趣味や興味を持つことで、ストレスから逃れることができ、心身をリラックスさせることができます。

適度な運動、健康的な食生活、心身のバランスを取るための方法、趣味や興味を持つことなど、複数の要素を組み合わせることで、ストレスを軽減することができます。

辞める前に話し合うべきこと

最後に、辞める前に話し合うべきことを紹介します。

  • 上司や同僚に話をすること:ストレスの原因が上司や同僚との関係にある場合は、話をすることで解決することができるかもしれません。
  • 人事部やカウンセリングセンターに相談すること:職場での悩みやストレスについて、人事部やカウンセリングセンターなどに相談することで、アドバイスやサポートを受けることができます。
  • 仕事とプライベートのバランスを調整すること:仕事から離れて、プライベートでの時間を大切にすることで、ストレスを軽減することができます。

以上のように、ストレスから仕事を辞めたいときには、要因を特定し、軽減するための方法を見つけ、辞める前に話し合うことが重要です。また、自分自身だけでは解決できない場合は、上司や同僚、人事部やカウンセリングセンターなどに相談することも大切です。

\ 入社お祝い金最大100万円!/

寮費無料年収500万円以上の求人多数!

職場の雰囲気が辛いときに辞めるべきか?

職場の雰囲気が辛いときは、辞めることを考えるのは当たり前です。しかし、辞めるかどうかは自分次第です。そこで、職場の雰囲気が辛いときに辞めるべきかを考える上で重要なことを紹介します。

職場の雰囲気が辛い理由

まず最初に、職場の雰囲気が辛い理由を特定することが重要です。

職場の雰囲気が辛い理由は個人差がありますが、よくある原因としては、上司や同僚との関係、職場の雰囲気、仕事の量、責任、期限などが挙げられます。特定した理由を元に、職場の雰囲気を改善するための方法を見つけることが大切です。

職場の雰囲気を改善するための方法

次に、職場の雰囲気を改善するための方法を紹介します。

  • 上司や同僚とのコミュニケーションを取ること:職場の雰囲気が辛い原因が上司や同僚との関係にある場合は、コミュニケーションを取ることで解決することができるかもしれません。
  • 職場の雰囲気を改善するためのアイデアを出すこと:職場の雰囲気を改善するためには、アイデアを出すことが重要です。
  • 仕事とプライベートのバランスを調整すること:仕事から離れて、プライベートでの時間を大切にすることで、職場の雰囲気を改善することができます。

コミュニケーションを取る

職場の雰囲気を改善するための方法には、様々なものがあります。

一つは、コミュニケーションを取ることです。上司や同僚とのトラブルを話し合って解決することで、職場の雰囲気を改善することができます。また、チームビルディングなどを行うことで、仕事以外での交流を深め、職場の雰囲気を良くすることができます。

福利厚生を改善する

他にも福利厚生を改善することで、従業員の満足度を上げ、職場の雰囲気を改善することができます。

柔軟な時間制度やフレックスタイムの導入、ワークライフバランスの改善なども有効です。また、従業員のアイデアを取り入れることで、従業員が自分たちの仕事に対して責任を持てるようにすることで、職場の雰囲気を改善することができます。

従業員が意見を言うことができる安全な環境を整備し、従業員が自分たちの意見を言うことができるようにすることも有効です。

辞める前に考えるべきこと

最後に、辞める前に考えるべきことを紹介します。

  • 辞める理由を明確にすること:辞める理由を明確にしておくことで、辞める前後での意思の揺らぎを防ぐことができます。
  • 転職先を準備すること:辞める前に転職先を準備しておくことで、安心して辞めることができます。
  • 辞める前に給与や待遇などの継続を確認すること: 辞める前に給与や待遇などの継続を確認しておくことで、辞める前後での不安を軽減することができます

以上のように、職場の雰囲気が辛いときに辞めるべきかを考える上では、職場の雰囲気を改善するための方法を見つけ、辞める前に自分自身のニーズややりたいことを考え、辞める理由を明確にし、転職先を準備し、給与や待遇などの継続を確認することが重要です。

\ 入社お祝い金最大100万円!/

寮費無料年収500万円以上の求人多数!

職種や業界からの脱却方法

職種や業界からの脱却は、仕事に対する意欲ややりがいを失ったり、新しいチャレンジをしたいと考える人にとっては必要なことです。しかし、脱却するための方法は個人差があります。そこで、職種や業界からの脱却方法を紹介します。

職種や業界に不満の理由

まず最初に、脱却したい理由を特定することが重要です。

脱却したい理由は個人差がありますが、よくある理由としては、仕事に対するやりがいを失った、新しいチャレンジをしたい、自分に合っていない職種や業界だと感じるなどが挙げられます。

特定した理由を元に、脱却するための方法を見つけることが大切です。

職種や業界からの脱却方法

次に、脱却するための方法を紹介します。

  • 自己分析をすること:自己分析をすることで、自分に合っていない職種や業界を特定することができます。
  • 他の業界や職種に興味を持つこと:他の業界や職種に興味を持つことで、新しい選択肢を見つけることができます。
  • キャリアカウンセリングを受けること:キャリアカウンセリングを受けることで、脱却するためのアドバイスやサポートを受けることができます。
  • スキルアップをすること:スキルアップをすることで、新しい職種や業界で活躍するための基礎を作ることができます。

職種や業界からの脱却方法は、様々です。まず、自分に合った職種や業界を探すことが大切です。自分に合った職種や業界を探すためには、自分のスキルや好きなこと、将来のビジョンなどを考えることが必要です。

新しいスキルを習得

新しいスキルを習得することが重要です。

新しいスキルを習得することで、新しい職種や業界への可能性が広がります。また、組織外の人脈を構築することも有効です。組織外の人脈を構築することで、新しい機会や情報を得ることができます。

組織外でのインターン

組織外でのインターンやバイトなどを行うことも有効です。

組織外での経験を積むことで、新しい経験やスキルを習得し、新しい職種や業界への可能性を広げることができます。

自分に合った職種や業界を探すこと、新しいスキルを習得すること、組織外の人脈を構築すること、組織外での経験を積むことなど、複数の要素を組み合わせることで、職種や業界からの脱却を図ることができます。

\ 入社お祝い金最大100万円!/

寮費無料年収500万円以上の求人多数!

転職を考えるときに辞めるべきか?

転職を考えるときに辞めるべきかは、個人によって異なります。

転職を考えるときには、自分自身のニーズや将来のことを考え、自分にとって最適な選択をすることが大切です。そこで、転職を考えるときに辞めるべきかを考える上で重要なことを紹介します。

転職を考える理由

転職を考えるときに辞めるべきかを考えるためには、以下のことを考えることが重要です。

  • 転職先を準備しているか:転職を考える前に、転職先を準備しておくことが大切です。転職先が決まっていない場合は、辞める前に転職先を準備することをお勧めします。
  • 給料や待遇などの継続を確認しているか:転職を考える前に、給料や待遇などの継続を確認しておくことが大切です。これにより、転職後に不安を感じないようにすることができます
  • 転職後のキャリアアップやスキルアップのチャンス:転職を考える時は、新しい職種や業界でのキャリアアップやスキルアップのチャンスを考えることが重要です。転職先が自分のキャリアアップやスキルアップに向いているかを確認することが必要です。
  • 辞めることによる影響:辞めることによる影響も考慮する必要があります。辞めることで、自分だけでなく、家族や同僚にも影響を与える可能性があるため、それを考慮することが必要です。

転職を考える理由は個人差がありますが、よくある理由としては、仕事に対するやりがいを失った、新しいチャレンジをしたい、給料や待遇が不満だ、自分に合っていない職種や業界だと感じるなどが挙げられます。

特定した理由を元に、転職するための方法を見つけることが大切です。

転職前の準備

転職の準備においては、履歴書や職務経歴書を作成することも重要です。

これには、自分自身のスキルや経験をアピールするために必要な情報を整理し、適切なフォーマットで書くことが有効です。 また、転職先に興味を持った企業に対してリサーチを行うことも忘れないようにしましょう。

企業のプロファイルや事業内容、組織文化などを調べ、自分がどのように貢献できるかを考えることも有効です。

転職に伴って必要な手続きや履歴書の提出、面接などの準備を整えましょう。

辞める前に考えるべきこと

転職を考える際には、自分自身のニーズや将来のことを考え、自分にとって最適な選択をすることが大切です。また、上記に挙げたような要素を全て考慮し、辞めるかどうかを決定することが必要です。

転職先の決定前に必ず専門家に相談することをお勧めします。

専門家に相談することで、転職に関するアドバイスやサポートを受けることができます。

\ 入社お祝い金最大100万円!/

寮費無料年収500万円以上の求人多数!

人生の方向性を変えるための仕事の辞め方

人生の方向性を変えるために、仕事を辞めることもあります。しかし、仕事を辞めるためには、慎重に検討しなければなりません。仕事辞めにあたっての考え方や注意点、辞める前にすることなどについて説明します。

人生の方向性を変えたい理由

人生の方向性を変えたいと思う、よくある理由を紹介します。

  • 仕事に対するやりがいを失った: 仕事に対しての楽しみややりがいを感じなくなったため、新しいチャレンジを求めるようになった。
  • 自分に合っていない職種や業界だと感じる:自分に合っていない職種や業界だと感じ、新しい職種や業界でのキャリアアップやスキルアップを目指したい。
  • 人生の方向性を変えたい: 今までの生活や仕事に対して、もっと意義のあること、自分に合ったことをしたいと思っている。
  • 仕事とプライベートのバランスを取りたい: 仕事に追われる日々から、プライベートや趣味にも時間を割きたいと思っている。
  • 環境や生活スタイルを変えたい: 現在の環境や生活スタイルに不満を感じ、新しい環境や生活スタイルでの人生を送りたいと思っている。
  • 心身の健康を重視したい: 仕事や生活のストレスから、心身の健康を重視し、より健康的な生活を送りたいと思っている。

キャリアやプライベートの不満

人生の方向性を変えたい理由には様々なものがあります。例えば、仕事に対して不満ややる気を失った結果、自分が望んでいる仕事やキャリアに対して不満を感じることがあります。

また、プライベートにおいて何か不満を感じ、生活のスタイルを変えたいと思うこともありまし、人生の中で新たなことに挑戦したいと感じることもあります。

自分の使命や役割を再考したい

社会や環境の変化に対して自分の使命や役割を再考したいと感じることもあります。社会や環境の変化に対して、自分がどのように貢献できるかを考えることで、人生の方向性を変えることを決断することができます。

能力を最大限に発揮したい

自分のパフォーマンスや能力を最大限に発揮したいと感じることもあります。自分自身のポテンシャルを最大限に引き出すためには、新たな環境やチャレンジを受け入れることが必要です。

これらの原因により、人生の方向性を変えることを考えることがあります。人生の方向性を変えるためには、自分自身のニーズや将来の視点に合わせた選択をすることが重要です。

人生の方向性を変えるためのアイデア

人生の方向性を変えるためのアイデアには様々なものがありますが、以下にいくつかアイデアを紹介します。

  • 自分に合った職業に転職する: 自分に合った職業を見つけ、転職を検討することで新しいチャレンジやスキルアップのチャンスを得ることができます。
  • スキルを学ぶ: 自分に興味のあるスキルを学ぶことで、新しい可能性を開くことができます。
  • 旅行する: 新しい環境や文化を体験することで、人生の視野を広げることができます。
  • ボランティア活動をする: ボランティア活動を通じて、自分ができること、やりたいことを見つけることができます。

仕事や趣味を探す

人生の方向性を変えるためには、様々なアイデアがあります。まず、自分自身に合った仕事や趣味を探すことが大切です。自分自身に合った仕事や趣味を探すためには、自分のスキルや好きなこと、将来のビジョンなどを考えることが必要です。

新しい経験をする

次に、新しい経験をすることも重要です。新しい経験をすることで、新しい可能性を見つけることができます。例えば、留学や海外での就労、組織外でのインターンなどが考えられます。

自分自身を成長させる

自分自身を成長させるためには、新しいスキルや知識を習得することも有効です。

新しいスキルや知識を習得することで、新しい可能性を見つけることができます。さらに、人生の方向性を変えるためには、自分自身をより良く知ることが重要です。自己の弱点や強みを認識し、自己を成長させることができます。

自分自身に合った仕事や趣味を探すこと、新しい経験をすること、新しいスキルや知識を習得すること、自己をより良く知ることなど、複数の要素を組み合わせることで、人生の方向性を変えることができます。

給与や待遇不満で仕事を辞めるべきか?

給与や待遇に対して不満を感じることは、多くの人が経験することです。しかし、不満が辞める理由になるかどうかは個人のニーズや将来の視点によって異なります。

給与や待遇に対して不満を感じる際には、自分自身のニーズや将来のことを考え、仕事のやりがいやキャリアアップなどの視点から最適な選択をすることが重要です。

給与や待遇に不満の理由

給与や待遇に対して不満を感じる理由には、様々なものがあります。

一つは、現在の給与水準が市場水準よりも低いと感じることです。 また、同じ業界や職種では同じ給与水準を期待しているにも関わらず、現在の給与水準がそれよりも低いことが原因です。

待遇面で不満を感じる理由には、福利厚生が不十分だと感じること、休暇取得のしやすさや休暇の期間などが不十分だと感じることがあります。 他にも、職場の雰囲気や上司との評判、将来性などが原因で給与や待遇に対して不満を感じることもあります。

給与や待遇を改善する方法

給与や待遇の改善は、仕事に対して貢献し、能力を高めることが大切です。

まずは、自分の仕事に対してのパフォーマンスを上げることが重要で、仕事に対してのパフォーマンスを上げるためには、スキルアップや知識を学ぶことが大切です。また、仕事に対してのアイデアを出し、それに対しての貢献をすることも大事です。

成果をアピール

次に、自分の成果をアピールすることも重要です。自分の成果を上司や同僚にアピールすることで、自分の能力が認められ、給与や待遇の改善につながります。

また、組織内でのネットワーキングも重要です。組織内での人脈を広げることで、仕事に対してのアドバイスや支援を受けることができます。また、上司や同僚との信頼関係を構築することで、給与や待遇の改善につながるチャンスを得ることができます。

機会を探し続ける

さらに、常に新しい機会を探し続けることも重要です。企業内での昇進や他の企業への移行など、新しい機会を探すことで、給与や待遇の改善につながる可能性があります。

パフォーマンスの向上、自分の成果をアピール、組織内のネットワーキング、新しい機会の探求など、複数の要素を組み合わせることで、給与や待遇の改善を図ることができます。

健康上の理由で仕事を辞めるべきか?

健康は、人生の最大の財産です。しかし、仕事やプレッシャーなどによって、健康が損なわれることもあります。そのため、健康上の理由で仕事を辞めるべきかどうかは、慎重に検討する必要があります。

健康上の理由で仕事を辞めるべきかについて詳しく解説します。

健康上の問題

健康上の問題で仕事を辞めたいと考える理由には、様々なものがあります。

身体や心の不調

一つは、仕事のストレスや過労によって、身体や心の不調を感じることです。 仕事が原因でストレスや疲れがたまり、健康上の問題が発生したり、日常生活にも影響を及ぼすことがあります。また、仕事上の長時間労働や、適切な休息を取れないことにより、健康状態が悪化することもあります。

仕事と健康のバランスを取ることが重要であり、健康上の問題が生じた場合は、早めに対処することが必要です。

仕事との健康バランスを取る方法

仕事との健康バランスを取る方法は、複数あります。

まず、仕事とプライベートのバランスをとることが大切です。仕事が忙しすぎるとストレスがたまり、健康に悪影響を与えることがあります。仕事をする時間と、プライベートタイムを明確に分けることで、ストレスを軽減することができます。

健康的な生活習慣

次に、健康的な生活習慣を維持することが重要です。

適度な運動や健康的な食生活、十分な睡眠など、健康的な生活習慣を維持することで、ストレスを軽減し、健康を維持することができます。

ストレス軽減法

ストレスを感じた時には、ストレス軽減法を使うことも大切です。ストレス軽減法には、呼吸法、瞑想、ヨガなどがあります。これらを使うことで、ストレスを軽減することができます。

仕事に対するやる気を失ったときの辞め方

仕事に対してやる気を失うことは、誰にでも起こりうることです。しかし、それが辞める理由になるかどうかは個人のニーズや将来の視点によって異なります。

仕事に対するやる気を失った際には、自分自身のニーズや将来のことを考え、仕事に対するアプローチや、仕事とプライベートのバランスを取ることが重要です。

仕事に対するやる気を失った理由

仕事に対するやる気を失った理由は、様々です。

ストレスや過剰な負担が原因

まず、ストレスや過剰な負担が原因の場合があります。仕事に対して過剰な期待やプレッシャーがかかり、それがストレスや疲れを引き起こし、やる気を失わせることがあります。

仕事に対して適性がない

仕事に対して適性がない場合もやる気を失ってしまうことがあります。仕事が自分に合っていないと感じ、それが自己評価を低下させ、やる気をなくしてしまうことがあります。

職場の雰囲気や人間関係

仕事環境や上司との関係によってもやる気を失うことがあります。

上司や同僚との関係が良くない、組織の雰囲気が悪いと、職場での仕事が不快に感じられ、やる気を失ってしまうことがあります。

仕事に対するやる気を取り戻す方法

仕事に対するやる気を取り戻す方法には、様々なものがあります。

目標を明確にする

一つは、仕事に対するアプローチを見直すことです。例えば、目標を明確にし、それに向けて取り組むことで、やる気を取り戻すことができます。

プライベートとのバランスも大事

仕事とプライベートのバランスを取ることも重要です。仕事から離れ、趣味やスポーツなどでリフレッシュすることで、ストレスを軽減し、やる気を取り戻すことができます。

目の前の問題を解決する

他にも、コミュニケーションをとり、上司や同僚とのトラブルを解決することで、仕事に対してのストレスを軽減し、やる気を取り戻すことができます。

会社員の仕事辞めたい

会社員の仕事は、企業や組織に所属して、その組織の目的や目標を達成するために様々なタスクや業務をこなすことです。仕事内容は会社や部署によって異なりますが、一般的には営業、企画、経理、管理、総務などがあります。

会社員の仕事で嫌なこと

  1. 長時間の労働: 会社員は、業務の進捗や目標の達成に合わせて、長時間働くことが必要なことがあります。
  2. ストレス: 仕事のプレッシャーや期限、上司や同僚からの要求などが原因でストレスを感じることがあります。
  3. コミュニケーションのトラブル: 上司や同僚、顧客とのコミュニケーションにおいてトラブルが生じることがあり、それが原因でストレスを感じることがあります。
  4. 意見の相違: 仕事上の意見の相違や意見を聞かない上司、同僚によるストレス
  5. モチベーションの低下: 仕事に対してのやりがいやモチベーションが低下し、退職を考えることもあります。

会社員の仕事を辞めたい理由

  • 客人の前で上司のミスを押し付けられ、「お前がもたもたしているからだ」と言われる(35歳男性)
  • 収入があまりにも少ない(22歳女性)
  • 仕事量が減ってしまい、労働時間が減り、得られるお金も少なくなったので辞めたいと思いました。また、新しい業務への挑戦も一通り終わり、職場でやり残したこともあまりない状態になったので、新しい職場を目指すことにしました。(47歳男性)
  • 顧客対応を電話でする業務に当たっているのですが、相手の理解度が低く、話しが長引くのが苦痛だからです。(37歳男性)
  • 上司と合わなくなり、勤務するのが嫌になりました。(情報サービス業営業企画部/55歳男性)
  • 理不尽な事が横行している。(54歳女性)
  • 仕事に対する考え方が同僚と違うから。自分が進めたい方向に仕事ができなくてお互い折り合いをつけられない(サービス業 管理職/47歳女性)
  • 女性登用の風潮の中、妊娠や育児をしている女性を過度に甘やかす文化の中、そういった人たちは在宅でほぼ仕事が無い一方、中年男性社員は出社が主でその人たちの分のサービス残業もさせられている。(48歳男性)
  • 仕事場の人間関係が嫌すぎて悩んだ挙げ句辞めたいなと思うようになりました。(サービス業/39歳男性)
  • 直属上司との人間関係です。具体的には、仕事の成果に対する評価が得られない。プロジェクトを進める上での考え方の相違。部下への責任転嫁。(不動産管理/58歳男性)
  • いつ単身赴任解消できるかわからないと疑心暗鬼になったとき。(製造業 宣伝広報/49歳男性)
  • 毎日同じことの繰り返しでうつうつとしていたときに、ミスなどが重なり上司に注意されたりすると慢性的にやめたくなる。(42歳女性)
  • 職場の業績がガタ落ちで、一方的に給料を大幅に減額された時、こんな人の下で働きたくないと思いました(団体職員/50歳女性)
  • ・仕事量が多く、早朝出勤・時間外勤務
    ・休憩無しで作業しても中々終わらない。
    ・上司に管理能力が無く、色々な仕事を丸投げされるので、忙しい上に更に余裕が無くなる。
    ・上司に部下を管理・指導する能力が無いので、がんばるメンバーだけに仕事が集中し、報酬は変わらないのに報われない状態が続いている。
    ・メンバーも常にやる気が無く後ろ向きな姿勢なので、一緒に仕事をしていてやり甲斐を感じられない。
    ・グチばかりで、ろくに仕事しない人といつも一緒で、自分も同レベルの人間に染まってしまうのが怖い。(57歳男性)
  • 子育てとの両立が難しいた感じた時。時短勤務なので、ドクターが面会する夕方にしごとができないので、役立たず感を感じていました。(製薬会社 MR/36歳女性)
  • 仕事を辞めたいと思った理由はさまざまありますが、上司関係が多いです。パワハラ的な人や、いろいろな理由から信頼できなくなった人、また、なんとなく、生理的に受け付けにくい人などでした。(42歳女性)
  • 会議の事前打合せで主催者から「過去のプロジェクト案件の始めたきっかけと終わらせた理由」を紹介したいと言われたが、あまり人に知られたくない案件だったため、紹介を断った。その後にメールで不特定多数の方に断った事を配信された。その時はこんな会社に居たくないと思った。(製造業/50歳男性)
  • 人間関係で嫌になりました。(33歳男性)
  • 勤務時間が早朝6:00~24:30までと長時間労働のため体力的にもきつく、家族と過ごす時間が無くなってしまう(港湾業務/51歳男性)
  • 勤めていた会社が大手放送グループの子会社で、定期的に天下りが重役として赴任してくる。経営に関しては素人で、会社はいつも迷走してばかり。事業の方針にかんして反対の声をあげても、上司そのまた上司と伝えられるうちに忖度のためにかきけされてしまい何も変わらない。業績は悪化するばかりで、時間と労力がもったいなくなった。(編集者/46歳男性)
  • 仕事量が多く、他の人ができない仕事がまわってくる。今後も改善されなさそうで単に便利に使われているだけと思った。(研究職/49歳女性)
  • ・場所間での人間関係の悪さ。
    ・差別がある(時短勤務の許可や在宅勤務の許可に差があり)
    ・上司によるパワハラ(製造業/36歳女性)
  • ある会社で仕事を進めるためのチームを編成するときに、ワンマン上司の勝手な考えでまったく合理的でないチーム編成をされて、無理な仕事を押し付けられることがあった。真剣に仕事をやめようと考えたが、そのワンマン上司があと1年で定年でやめるらしいという情報を聞いて、まずは1年間我慢して仕事をつづけた。そしてその上司がいなくなってから、次に来た新しい上司のもと、新たなチーム編成を職場全員で話し合って、合理的に組みなおして、仕事がスムーズに行える状況を作り上げた。とても気持ちよく仕事ができるようになった。(54歳男性)
  • 職場のボスと上手くいかず、連鎖反応で他の人から無視された。(60歳男性)
  • 給料は以前に比べて、増えなくなり、出世も周りに比べて遅く、会社全体の売上も伸び悩み、このままいてもやりがいを感じないから。(51歳男性)

会社員の仕事に疲れた時の対処法

  • 今の職場での仕事をずっと続けているわけではなく、数回転職しました。しかし結局どの職場でも嫌な事はあるので、今はフリーランスになる準備をしている。もう誰の下でも働くのを辞めようと思いフリーランスになる事を目標にして行動している事が心の支えになっている。(35歳男性)
  • 辞めたところで高い収入が見込める職に就けるとは思えないから(22歳女性)
  • 金銭的な問題があるし、引き継ぎがあるので、すぐには辞めることができません。しかし、これらが解決すれば辞めます。(47歳男性)
  • 養う家族が居るからです(37歳男性)
  • ここまで長年勤めあげました。私が我慢すればよいことだと思いました。(情報サービス業営業企画部/55歳男性)
  • 転職をするにはリスクが大きい年齢であるため(54歳女性)
  • 他の部分でやりがいがあって自分がこの場所に必要だと思から(サービス業 管理職/47歳女性)
  • 家のローンを払い、子どもの教育費をその日その日稼ぐという意識に切り替え余計な思考はカットするように努める。(48歳男性)
  • 平日は職場が中心ですが、それ以外は自分の時間が中心なので完璧に割り切りました。自分が中心の時は職場の人間は関係ないと考えれたら楽になり続ける事が出来ました。(サービス業/39歳男性)
  • 続ける理由としては、やはり家族の存在が大きいです。辞めたあとのことを考え、準備しなければなりません。私は40歳で転職という決断をしましたが、かなりの労力を費やしました。対処法としては、一時の感情に左右されず、冷静さ、仕事を辞めることの重大さを納得するまで考え、相談し、結論を出さねばなりません。(不動産管理/58歳男性)
  • 仕事の大義を感じたから。(製造業 宣伝広報/49歳男性)
  • 働かないと食べていけないのでとりあえずこらえる。大体嫌なことがあっても寝たら考えが変わったり一旦落ち着けるのでとにかく寝る。(42歳女性)
  • やっぱりこの仕事がものすごく好きで、天職だと思っているので。なんとかこの仕事を後世に残したいという使命感もあります。経営者とは辞める覚悟でとことん話し合いをしました(団体職員/50歳女性)
  • ・まだ住宅ローンも残っており、家族もいるので、収入が無くなるのは困る。
    ・仕事はイヤだが、無くなると暇になりボケると思うので。
    ・仕事を辞めて、一日中家にいると、夫婦関係が悪くなるし、動かなくなるので健康維持が難しくなると思うので。
    ・仕事以外のプライベートや、趣味の時間を充実させて、なんとか精神のバランスを取って折り合いを付ける様にしている。(57歳男性)
  • お金のことが一番大きいです。また、考えようなよっては時間に自由がきくので、今は仕方ないと割り切って仕事を続けていました。(製薬会社 MR/36歳女性)
  • 仕事自体が楽しいときは、まだ、上司も我慢できますが、何かのきっかけで、やっぱり無理となってしまうことが多かったです。もし、その上司でなかったら、もっと長く続けたいと思います。(42歳女性)
  • 事態を発生させた理由と今後の対処方法を明確にして自分が納得出来るように行動していく事だと思う。(製造業/50歳男性)
  • 自分は自分他人は他人と割り切るしかない。(33歳男性)
  • 年齢的に転職も難しい年齢でこれから新しい企業に勤めて新しい仕事を覚える事も難しいため(港湾業務/51歳男性)
  • 家族がいれば仕事を続けるモチベーションになると思う。私の場合、離婚して独り身なので、幸か不幸か自分の思うようにできて退職した。ほかの対処法としては、本業以外に副業や趣味をもってそちらを充実させることだと考えます。(編集者/46歳男性)
  • 仕事が無いよりましと思う。楽しかったこと、やりがい、成長を感じたことにフォーカスする。(研究職/49歳女性)
  • 生活のため。退職金、賞与があるため(製造業/36歳女性)
  • 仕事をしたくてもできない人もいる。自分にできる仕事があることにまず感謝。自分が働くことによりまわりを楽にする。(はたをらくにする→はたらく)こういうやさしい気持ちでまわりの人に接する。それでも、色んな場面で腹が立つこともあるでしょう。自分より年齢が上の人から、イラっとすることを言われたときは、「自分より先に死ぬ人だから、しょうがないねぇ~。」と思いましょう。年下から言われたときは、「幼稚な人だから~」と思いましょう。同年代から言われたときは、「自分の方が大人だね~」と思いましょう。(54歳男性)
  • 家族の事を考えるとやめられなかった。上司にひとまず相談し、配置転換の依頼をし、今は良い環境のもとで仕事ができている。(60歳男性)
  • 同条件以上の転職先をあたっているが、転職成功しないため。対処法としては、副業を始めて、別のやりがいを見出している。(51歳男性)

事務の仕事辞めたい

事務の仕事は、企業や組織などで行われる文書作成、データ入力、電話応対、受付などのオフィスワークを担当する仕事です。

主なタスクは、以下のようなものがあります。

  • 文書作成やデータ入力を行う
  • 電話やメールの応対をする
  • 受付やカウンターでのお客様対応をする
  • 入出金の管理や経理処理を行う
  • 会議のスケジューリングや予約の管理をする
  • 事務用品や文具の調達や在庫管理をする

事務の仕事は、様々な業界で求められています。また、事務スキルやパソコンスキルなどが求められることが多いため、訓練を受けたり資格を取得することが望ましいです。

事務の仕事で嫌なこと

事務の仕事で嫌なことは、様々な人によって異なりますが、一般的に言えることとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 作業が重複して非効率的なことが多い
  • 細かい作業やデータ入力が多い
  • よく切り替わるタスクや緊急性の高いタスクが多い
  • コミュニケーションミスや手続きのミスが起きやすい
  • オフィスの中での長時間の座り仕事
  • ストレスや疲れがたまる

上記は一般的な嫌な事であり、それぞれの人によって異なります。その上、仕事環境や上司、同僚などの影響も考慮に入れなければならないこともあります。

事務の仕事辞めたい理由

  • グループ(10人程度)のリーダーと折り合いが悪いため(57歳女性)
  • 少人数の部署で、直属の上司がモラハラ人間でした。特定の部下にだけ挨拶を無視したり、冷たくあしらったりする反面、部長や外部の人には猫なで声でとても丁寧に接するため、上の人からの評判は悪くない人でした。私は直接嫌がらせを受けてはいませんでしたが、ターゲットになっている同僚との間に入って緩衝材的な役割をすることに疲れました。ターゲットになっていた同僚が精神的に体調を崩し長期休暇になるタイミングで、次のターゲットはきっと私になると感じたので辞めたいと思いました。(38歳女性)
  • 営業とペア制度で仕事を進める部署で働いている中で、入社時からお世話になっていたペアの方が退職し、新入社員とペアになり、その人と相性が合わず、今まで出来ていた仕事を円滑に進めることが難しくなり、残業も増え、かなりのストレスを抱えていた為、辞めたいと思いました。(30歳女性)
  • 誰でもできる仕事(例えば、出張者の航空券手配や資料作成、旅費精算など)のため、一旦仕事を覚えてしまえば専門的知識を必要としなく、仕事内容が単純・簡単であるため。そのため、もう少し自分の身になる仕事をしてみたいと感じることが多い。(25歳女性)
  • 法定水準を超えるレベルの残業を強いられる。また、求められる業務の水準が高く精神的に辛いと感じることがある。(36歳女性)
  • 稼げない、退屈、スキルがつかない(24歳女性)
  • いくら頑張って応募して仕事をしても評価があがらず、意思疎通の違いとか人からのいじめとかで仕事をさせてもらえないことがある。外的要因や人間関係が悪く仕事を辞めたいと思った。(45歳女性)
  • 同僚と気が合わず、最近では仕事に関しても無視されていて仕事がしづらくなったからです。(46歳女性)
  • 請求業務があまりに多忙で帰りが遅くなる時がある。子供がいるので夜に家族との時間を過ごせないこともあり、家と会社の往復だけしているような感覚にとらわれ、辟易することがある。(会計関連/29歳男性)
  • 私が仕事を辞めたいと思った理由は。周りの人との、仕事に対する取り組み方に違いがあった時です。私は、仕事というのは、面倒だと思う事も引き受けたり、手が空いた時には、自分から仕事を探したりするのがある程度当たり前だと思っていたいたのですが、同じ立場、同じ給与の方にそうではない人が周りに多い時に悩みました。(47歳/女性)
  • 上司が仕事を理解しておらず、する気もなく全部丸投げしてくる。個人的な用事を言いつけてくる。なのに給料は私の倍額貰ってる。(総務経理/34歳女性)
  • 残業が多く疲労がすごい。家に帰っても仕事のことを考えてしまう(35歳女性)
  • 会社が個人会社で、社員は社長に絶対服従で、社長と違う意見を言ったら叱られる。(43歳女性)
  • 職場の人達とうまく馴染めない(51歳女性)
  • スキルが身につかない(26歳女性)
  • 同じ事務員の先輩で、おしゃべりな方がいて、上司が外出すると、自分の自慢話や恋人の話がはじまって、聞くのが嫌だし、仕事が滞りストレスを感じるので辞めたいと思いました。(45歳女性)
  • 現社長が立ち上げ大きくした会社なので、ワンマン体制が目立ち、社長の発言力は大きい。役員は社長の妻、従業員にも親族が多く、誰も社長に意見しないので、社長の人間性は向上することなく、同じ時間・空間にいて不快な場面が多い。銀行員や証券会社・取引先などの営業さんを自社に呼びつけ、偉そうな態度を取る姿を見るのも非常に不快。親族でない私は昇給もなく、昇進もないから仕事にやりがいも得られない。やりがいを得られないことが大きな理由です。(38歳女性)
  • ①最低時給が上がっていくため、自分の時給が年々、最低時給に近づいていくため。
    ②工夫することができないため。新たな課題を見出して改善していきたいが、一緒に働く社員がそれを望まないため。
    ③やりがいがないため。(58歳女性)
  • 何度言われても失敗してしまって、周囲からダメな人だと思われてしまった時(45歳女性)
  • 経営者が社員格差を自重する言動を続けるため(48歳男性)
  • 頑張れば頑張るほど仕事量が増え、同時に難易度も上がって行くばかりで、待遇は同じ仕事をしているあまり頑張らない人達と一切差がない事に嫌気がさしてやめたいと思いました。搾取されている感覚にとても嫌悪感を覚えます。(37歳女性)
  • どれだけ教えても同じミスを繰り返す後輩に嫌気が差してきた。(36歳女性)
  • 上司からの嫌がらせに対応できなくなってきたから(45歳女性)
  • 人間関係です。先輩なんですが、自分の気に入らないことにいちいち口出ししてきます。自分はどっかりすわって動かないのに、たくさん仕事をかかえ走りまわって仕事をしている(事務職)自分に事細かくどうでもいいことまで口うるさくいってきます。気にいらない人にたいしてはとことん追い詰め、自分の前に3人退職していきました。(47歳女性)
  • 直属の上司が頼りなく会社の情報やシステムを聞いてもわからないと言われた時辞めたいと思いました(44歳女性)
  • 電話先や客から高圧的な態度や理不尽な要求を押し付けられたりなどされ、精神的に参ってきてしまったため。(24歳女性)

事務員の仕事に疲れた時の対処法

  • 年齢的に転職は難しいので、ひたすらお金のため。対処法は、リーダーの言っていることは支離滅裂なことが多いのであまり深く考えない(57歳女性)
  • 同僚は、長期休暇に入るまでに何度も部長にモラハラ上司のことを相談していたようでした。部長もモラハラ上司のことに気づいていて、人事にも直接報告してくれ、次の異動で必ず別々にしてくれると約束してくれました。部長がいないところでモラハラ行為をすることが多いため、部長は部長室のドアを開けっぱなしにして、できるだけ監視の目があることをアピールしてくれました。私は、それでもモラハラ上司に対して部長も人事もズバッと忠告できず、年度途中の異動などの対応をしてくれないことに不信感を持ったので、次のボーナスをもらったら転職しようと思い、引継ぎの準備を着々と進めています。(38歳女性)
  • 今の会社の前に別の会社で勤務しており、その時の職場環境に比べると働きやすかったことと、悩みを言ったことは一度もなかったのに自分の気持ちを理解してくれていて、きちんと評価してくれた社長がいたからです。(30歳女性)
  • 大きな仕事が入ったときは数週間は残業続きになることが多いが、それ以外は定時で帰宅でき、有給休暇も部署内で相談すれば1週間前後取得でき、働きやすい環境ではあるため。また、そこまで給料が低いわけではないため。(25歳女性)
  • 残業代は全額支給されないがそれでも一般的な同世代と比べて高額な給与が支給されるから。(36歳女性)
  • 生活費のため(24歳女性)
  • 仕事を辞めたいと思っても、事実家賃を払わないといけない、海外で生活しているため頼る人があまりいない。どんな仕事であっても仕事をしないと現状は生きていけないため。最低給料保障があればどんなつらい事があっても仕事も生活もある程度うるおうことができ、お金がない心配にかられなくてよい。受注を受けたいが受けれないことがあったりととても苦しい状況や一人で暮らしていかなくてはいけない時に誰も助けてくれない。(45歳女性)
  • 住宅ローンを抱えているため、正規の仕事を今やめてしまうと、年齢もあり次が見つからないだろうと思えるからです。(46歳女性)
  • 給料や人間関係は悪く無いため、やめる決定打がない。また、業務改善することで退勤時間を短くできる可能性があるから。(会計関連/29歳男性)
  • どんな仕事も努力もかならず自分の経験になり力になると思い、がんばりました。(47歳/女性)
  • 転職でまた一から人間関係を築かないといけないのが面倒で現在の仕事を続けてる。対処法というほとでもないが、上司についてはそういう人で何言ってもかわらないし、そんな人の事でいちいちストレス感じるのはアホらしいと思うようしている。諦めが肝心。(総務経理/34歳女性)
  • 切り替え上手になれるように本を読んだりYouTubeを見て切り替えの勉強をした(35歳女性)
  • 生活費のためと割り切って仕事をする。同じ立場の人と愚痴を言ってうまくストレス発散しながら働く。(43歳女性)
  • 生活費を稼ぐために労働を続けています。(51歳女性)
  • お金が必要と言い聞かせる(26歳女性)
  • 大学生の子供がいるので、学費と生活費の為にやめるわけにはいかないので、忙しい感じを出して、聞き流すようにしています。(45歳女性)
  • 勤務時間内、在席していれば最低限の給与はもらえるため。業務を短時間で完了させ、業務外の作業をしたり、勉強をしたり、自分のために時間を使っている。会社が自分を大事にしてくれないので、自分も会社の為にがんばらないことにしました。(38歳女性)
  • 他の職場を探してみたが、年齢的に無理な事がわかった。何かスキルがあれば見つかりやすかったが、何のスキルのない自分には今の職場にいるしかないと思った。(54歳女性)
  • 仕事を続ける理由は既にセミリタイアしているので、まあいいかと思えるから。対処法はランサーズで仕事をするなど、会社以外の世界で仕事をしてやりがいを見出すこと。(58歳女性)
  • 仕事そのものの条件が良く、同じような求人は見つからないと思うから。(45歳女性)
  • そのような不合理を行う者がどのような末路を向かえるか確かめるため辞めずにいます。辞めたくなった時の対処法は少しエグい話になりますが、相手の死に顔を想像することです。「人はいつか死ぬ。それはあいつらも愛するものも同じだ」と確認することで、気持ちを切り替えます。(48歳男性)
  • 何度か転職歴がある上、年齢で見た時に大したスキルや実績がない事もあり、転職活動は書類選考すら通らないため、やめたくても生活の為にはやめられません。このご時世で仕事を貰えるだけありがたいと思うようにしています。(37歳女性)
  • 仕事自体は好きで、会社も働きやすいから。いつかどちらかが異動になるまで待つことにしている。(36歳女性)
  • 仕事の内容が自分に合っていて楽しい、自分が辞める必要性がないと思うから。上司からの嫌がらせをされないために知識などでカバーする、もう嫌がらせしても意味がないと思わせるような言動をする(45歳女性)
  • やめられない理由としましては、代表は自分の仕事を評価してくれてお給料を上げてくれています。年齢的なこともあり、なかなか転職に踏み切れません。対処法としましては、職場は友達を作るところではなく、ただひたすら仕事をすることと割り切ることだと思います。ひたすら仕事を頑張るのみです。(47歳女性)
  • 面談時に自分で情報を聞いたり先輩に聞きに行ったりとにかくいろんな人に聞きに行って情報を集めました。仕事内容は好きなので続いています。(44歳女性)
  • 職場内の雰囲気がとても良く、人間関係もうまくいっているので手放したくないと思い、辞職まで至っておりません。(24歳女性)

建設業の仕事辞めたい

建設業の仕事は、建築物やインフラなどの建設工事を行う業務を指します。建設業においては、次のようなタスクを担当することが多いです。

  1. 設計・施工計画の立て方: 建設工事を行う前に、設計や施工計画を立て、工事のスケジュールや費用を見積もること。
  2. 工事管理: 工事の進捗管理や、材料や労働者の配置を調整すること。
  3. 工事の見積もり・工事費の調整: 工事の見積もりを行ったり、工事費を調整すること。
  4. 安全管理: 工事現場での危険性を最小限に抑えるため、安全対策を講じること。
  5. 品質管理: 建設工事が完了した建物やインフラの質を確認すること。
  6. コミュニケーション: 顧客や上司、設計者や労働者などとのコミュニケーションを行うこと。

建設業の仕事で嫌なこと

  1. 天候の影響: 天候によって作業ができないことがあり、スケジュールに遅れが生じることがあります。
  2. 危険な環境: 高所作業や機械操作などの危険性があり、安全対策を講じなければならないことがあります。
  3. 長時間の労働: スケジュールの進捗や期限の達成に合わせて、長時間働くことが必要なことがあります。
  4. ストレス: スケジュールや期限、資金や人員の管理などが原因でストレスを感じることがあります。
  5. コミュニケーションのトラブル:作業者や上司、顧客とのコミュニケーションにおいてトラブルが生じることがあり、それが原因でストレスを感じることがあります。

建設業の仕事辞めたい理由

  • 上司と性格が合わず、適応障害になってしまった。また、給料が安く生活していけない。(47歳男性) 
  • 近隣住民からのクレームです。移転した新物流に、通勤途中の従業員が騒がしい、換気扇の音がうるさいetc、難癖をつけてくるのです。(物流作業員/47歳男性)
  • 会社の経営が芳しくないから(38歳男性)
  • 近年は改善されつつありますが、残業時間が多いこと。特に年度末工期はどうしても残業が多くなります。上司が働かない。常に部下まかせであり、ITスキルが低い。(施工監理/38歳男性)

建設業の仕事に疲れた時の対処法

  • 年齢を考えると転職に踏み切れない。対処法としては、仕事が出来ないフリをして、比較的仕事が少ない部署に移動させられるように仕向けた。(47歳男性) 
  • 内部の人間関係ではないだけまだマシ、時を経て物流が定着すれば問題も解決するのではと考えています。(物流作業員/47歳男性)
  • 仕事を探しているが自分がこれだと思えるものに出会えていないから。(38歳男性)
  • 仕事自体にはやりがいがあり、出張で色々な国内外の場所に行けること。自分の設計したものが形となり、実際に使用されるところをみると感慨深い。(施工監理/38歳男性)

設備管理の仕事辞めたい

設備管理の仕事は、企業や施設などの設備や機器を適切に管理・保守し、安全かつ効率的な稼働を維持するための仕事です。

主なタスクは、以下のようなものがあります。

  • 設備や機器の保守・点検・清掃を行う
  • 設備や機器の修理や整備を行う
  • 設備や機器の保証期間や保守スケジュールを管理する
  • 設備や機器のトラブルや障害の対応をする
  • 設備や機器の消耗品の調達や在庫管理を行う
  • 設備や機器の使用方法や保守方法を教える

設備管理の仕事は、製造業や建設業など、様々な業界で求められています。 また、技術的なスキルや経験が必要なため、専門的な訓練を受けたり、資格を取得することが求められます。

設備管理の仕事で嫌な事

  • 緊急時のトラブル対応や障害の復旧が必要なため、緊急時のスケジュールが予期せぬことが多い
  • 設備や機器の保守管理や清掃など、手間のかかる作業が多い
  • 設備や機器の保守管理や清掃など、長時間の座り作業が多い
  • 雨天や寒冷な天候の影響を受けることもある
  • 外出が多く、常に移動しなければならないこともある
  • 機器や設備のトラブルによって生産性が落ちることがある

設備管理の仕事を辞めたい理由

  • 40代で仕事の量がかなり増えてプレッシャーが凄すぎて上司の言い分も受け入れられないので。(47歳男性)

設備管理の仕事に疲れた時の対処法

  • さすがにこの歳で辞めることもできないので、普段の生活を充実させてストレスを解消できるように心がけています。(47歳男性)

期間工の仕事辞めたい

期間工の仕事は、一定期間の雇用契約に基づいて行われる仕事です。期間工は、一般的に次のようなタスクを担当することが多いです。

  1. 日常業務の遂行: 期間工は、日常的な業務を遂行し、目標を達成することが求められます。
  2. シーズン高峰期の補助: シーズン高峰期において、業務の追加や補助を行うことが多い。
  3. 店舗のオープニング・クローズ: 店舗のオープニング・クローズ作業なども担当することがある。
  4. 一時的な人手不足の補充: 企業において一時的な人手不足が発生した場合に、それを補充する役割を担うことが多い。

期間工は、雇用期間が終了した場合には、契約が満了したため解雇されることが一般的です。ただし、契約期間が終了しても、優れた能力や実績があれば、正社員に昇格することもあります。

期間工の仕事で嫌なこと

  • 仕事の期間が短いため、仕事に対する責任感が薄い
  • 短期間での仕事のため、仕事に対するやりがいを感じにくい
  • 契約期間が終了した後にもう一度仕事をするために、常に新しい仕事を探す必要がある
  • 契約期間が終了した後に、新しい仕事を見つけるのが難しい場合、失業してしまう可能性がある
  • 給与や待遇が安定しない
  • 福利厚生や休日などの保障がないことがある

期間工の仕事を辞めたい理由

  • 仕事はキツいけど先輩や上司がサポートしてくれたが、突然頼りにしていた先輩や上司が立て続けに辞めてしまい、その負担が自分にのしかかって来てしまい、ずっと残業続きだったから。(30歳男性)
  • 上司に目をつけられ何かと人格否定されて仕事を辞めたくなりました。(38歳女性)
  • 給与が低いから(31歳男性)
  • 仕事量が多くて、残業や休日出勤が多い。上の立場の人の古い考え方がストレスで仕方ない。(44歳男性)
  • 仕事は好きだけど人間関係が悪すぎて会社に行こうと思うと具合が悪くなり精神的に不安定になってきたからです。(38歳女性)
  • 会社上部のモラルハラスメントが、仕事に影響し一方的な話ばかりで会話が成り立たなくなったため。そのほか足を踏む・出身地を馬鹿にする・肩を殴る等。(30歳女性)

期間工の仕事に疲れた時の対処法

  • 今はコロナ禍なので、今の会社を辞めたとしてもすぐに就職できるとは限らないので、コロナが収まるまでは今の職場で頑張ろうと思った。(30歳男性)
  • 同僚がさりげなくサポートしてくれるのでまだ仕事を続けられています。上司の事を皆嫌っているのでまだ割り切れます。上司の言葉をまにうけないようにしています。(38歳女性)
  • 物凄く楽な仕事だから続けている。他に行くあてもない。給与が低くても副業で稼げば良いと考えるようにしている(31歳男性)
  • 1番は仲間がいることです。辛くても苦しくても解ってくれて、手を差し伸べてくれる仲間がいるからこそです。(44歳男性)
  • 仕事を辞めると収入がなくなり不安になるからです。続けながら転職活動をして収入の不安なく辞めたいと思います。(38歳女性)
  • お金のためです。最大限2人にならない。距離をとる。(30歳女性)

トラックドライバーの仕事辞めたい

トラックドライバーの仕事は、大型トラックを運転して、貨物を配送することです。高速道路や市街地を走り、スケジュールに従って貨物を配達します。

トラックドライバーは、運転前にトラックをチェックし、安全に運転するために道路や天候の条件を確認する必要があります。また、配達先では、貨物を降ろすためにフォークリフトなどの機械を使用する必要があります。その上、運転に伴う記録保存や、運転時間の管理なども含まれることが一般的です。

トラックドライバーの仕事で嫌な事

  • 長時間の座り仕事で疲れやストレスを感じることが多い
  • 運転中に睡眠が不足することがあり、疲れがたまる
  • 運転中に道路交通のストレスやトラブルを経験することがある
  • 移動先が遠く、家族や友人との時間をとることが難しい
  • 宿泊先が遠く、自宅に帰ることができないこともある
  • 天候や道路状況の変化によって運転が困難になることもある
  • 安全な運軪に気を配るため、アルコールやタバコなどの摂取を制限しなければならない

トラックドライバーの仕事辞めたい理由

  • 仕事がつまらなく感じた(52歳男性)

トラックドライバーの仕事に疲れた時の対処法

  • 次が決まっていないうちに衝動的に辞めると生活できない(52歳男性)

金融業の仕事辞めたい

金融業の仕事は、金融機関や金融サービス会社などで働く職業で、様々な金融サービスを提供するためのタスクをこなすことが主な仕事内容です。

金融業には様々なジャンルがあり、それぞれに異なる仕事があります。

  • 銀行業: 預金、貸付、投資などの金融サービスを提供する。
  • 証券業: 株式や債券などの金融商品の販売や取引などを行う。
  • 保険業: 保険の営業、契約作成、保険金の請求などを行う。
  • 投資銀行業: 企業のIPOや株式買い入れなどの投資銀行業務を行う。
  • アセットマネジメント業: 投資信託などの資産運用サービスを提供する。

上記のように、金融業には多くのジャンルがあり、それぞれに特徴があります。金融業に興味がある人は、自分に合ったジャンルを選ぶことが重要です。

金融業の仕事で嫌な事

  • 長時間の座り仕事で疲れやストレスを感じることが多い
  • 金融市場や経済の変化に対応するため、常に追っていなければならない
  • リスクや不確実性が常に存在する
  • 高度な数学や統計学の知識が必要となることが多い
  • 競争が激しく、プレッシャーが高い
  • 多くの文書やデータを処理する必要がある

金融業の仕事を辞めたい理由

  • 仕事量に対して給料が上がらなかったため(36歳女性)
  • ノルマが厳しく、達成できないと上司に徹底的に叱責される。(52歳男性)
  • 私は金融機関で営業職です。営業職なので当然毎月ノルマがあり、月末近くになり目標達成見込みが厳しくなってくると、お客様に片っ端からお願い営業をしなければならくなります。会社の目標達成のために、お客様に必要のないものをお願いしなければならないということがとても苦痛で何回も仕事を辞めたいと思うことがあります。(36歳男性)
  • 出世できないから(外資系金融機関/50歳男性)

金融業の仕事に疲れた時の対処法

  • 転職に対する不安(36歳女性)
  • 家族がいるのでやめられない。(52歳男性)
  • 私はお客様に必要のないものをお願いして売らなければならないことに苦痛を感じ、転職しました。現在は、会社から与えられた数字をこなすのではなく、お客様のためにサービスができる環境であり、転職して良かったと思います。(36歳男性)
  • 転職してキャリアアップを目指すのも良いが、また1から人間関係を作るのも煩わしいから(外資系金融機関/50歳男性)

営業の仕事辞めたい

営業の仕事は、製品やサービスを販売するために客先にアプローチし、顧客ニーズを把握し、商談を進めることを主な仕事とします。営業には、自社の製品やサービスを顧客に説明し、販売する「販売営業」と、顧客からの要望を受けて製品やサービスを調達する「買い手営業」があります。

営業活動には、市場調査、ターゲット顧客の選定、商談計画の立て方、商談技術、クロージング技術などが含まれます。営業職は、顧客とのコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、調整力、目標達成意欲が求められることが多いです。

営業の仕事で嫌な事

  • 長時間の営業活動で疲れやストレスを感じることが多い
  • 途中で予定が変更になることがあり、スケジュールの調整が必要
  • 顧客との意見の一致がない場合がある
  • 新規顧客の獲得が困難なことがある
  • セールスターゲットの達成が困難な場合がある
  • 長時間の車や飛行機などの移動が必要になることがある
  • 長時間の滞在が必要な場合がある

営業の仕事を辞めたい理由

  • 職場における人間関係。上司や先輩からの叱咤や仕事上でのミスをした責任など。(22歳男性)
  • 単身赴任で、辛いから(47歳男性)
  • ハイブリッドカーや電気自動車などの普及で自動車部品が激減しているなか、毎月のノルマやキャンペーンがストレス。最低限の人数で会社を回している地元の中小企業なので、休みが取りづらい。(自動車部品商営業/45歳性)
  • ノルマが達成できなさそうだとチクリチクリ嫌味を言われノルマ達成しても新たに無理な数の追加をよこす事からなのもありますが、上司の性格が通常の人とは違い常識がない人だからです。(49歳男性)
  • 仕事は暇で生活のゆとりはあるが、給料が少なく、仕事のやりがいもあまり感じられないから。(30歳女性)
  • 明らかに上司の言い分が不条理で、社員全員の前で怒鳴りつけられることがあったからです。(61歳男性)
  • 自分の頑張りが全く給料に反映されず、更に非正規雇用の人と条件を一緒にすることを理由に、各種手当のカットが画策された為。(29歳男性)
  • 営業ノルマが高くサービス残業も当たり前で休みの日でも働かされる。(64歳男性)

営業の仕事に疲れた時の対処法

  • もう少し貯金を貯めておきたいという思いが現状の気苦労を上回っていた。(22歳男性)
  • 子供の養育費(47歳男性)
  • 年齢的なこと、今から転職先をさがして1から仕事を覚えること、新しい職場への不安などを考えると躊躇してしまう。(自動車部品商営業/45歳性)
  • 続ける理由は今やめても他のところで雇ってもらえない可能性が高いからなのもありますが、学びなおしをしてる最中で、それが終わったら転職しようと思っています。(49歳男性)
  • 社員はいい人が多く、仕事はしやすいから。(30歳女性)
  • 家族のためにはどうしても辞められない、ここは我慢して自分を押し殺すことが一番の行動なんだと言い聞かせています。(61歳男性)
  • 一時的な取得の減少を防ぐ為に仕事は継続しましたが、すぐに転職サイトに登録し、4か月後には転職を完了しました。(29歳男性)
  • 好きな業界なのでノルマは厳しくてもやりがいはあるから。(64歳男性)

飲食業の仕事辞めたい

飲食業の仕事は、レストランやカフェ、バーなどの飲食店で働く職業です。その中でも、料理人、ウエイター、バーテンダー、マネージャーなどがあります。

  • 料理人: 食材を使って料理を作り、メニューを提供する。
  • ウエイター: 顧客に料理やドリンクを提供する。
  • バーテンダー: ドリンクを作り、カクテルなどを提供する。
  • マネージャー: 店舗の運営や経営を管理する。

飲食業の仕事は、顧客サービスや料理の調理、清掃などがメインのタスクです。飲食業で働く人には、顧客とのコミュニケーション能力、調理スキル、ストレス対処能力が求められることが多いです。また、時間帯によっては、夜勤や早朝勤務があることもあります。

飲食業の仕事で嫌な事

  • 長時間の勤務で疲れやストレスを感じることが多い
  • 勤務時間が不定期であることが多い
  • 高温や湿気の中で働くことが多い
  • 顧客からの怒りや不満を受けることがある
  • 長時間立ちっぱなしの勤務が必要なことがある
  • 汚れや油などによる身体的な負担がある
  • 長時間のシフト勤務が必要なことがある
  • 短時間休憩が取れないことがある

飲食業の仕事を辞めたい理由

  • 休みがない。休みの日でも店から色々な連絡等くるので完全に休んだ気にならない(50歳女性)
  • 意地悪な上司から毎日毎日呼び出されて説教をされる。怒るほどでもない内容のことでもすごく怒られてなぜ怒られているかわからない。毎日だとさすがに気がまいる。(30歳女性)
  • 支配人・マネージャーが変わり、人間的に、信用ができないと感じたから。食事処は、一人で切り盛りをしているのだが、忙しくなったら、すぐ手伝いに行きます・・とか言っても、見にも来なかったり、ご飯の出来を確認しに行きます・・と言っても、本社の人間と飲みに行ったりと、口だけのことが多く、こいつらじゃだめだと思った。(67歳男性)
  • 一番は人間関係のしんどさです。
    特に上司のモラル意識が著しく低く、ふとした時の言動やちょっとした態度などが目につくようになりました。
    同僚も上司の考えに同調する考えの方が多く、自分だけが異質な考え方をしているのか不安になることもしばしばで、それがとてもしんどく、辞めたいと思うようになりました。(35歳女性)

飲食業の仕事に疲れた時の対処法

  • 転職が難しい年齢なのでやめるわけにいかないので続けている(50歳女性)
  • 特典の人以外はみんないい人。すぐに辞めるのはまだなにもやってみないとわからないから。あまりにも続けて無駄そうならいつでも辞めようと思っています。(30歳女性)
  • 生活があり、他に移ることも難しいと思っている。一人で仕事をしているので、自分の思うようにやっている。評価等も何もないが、辞めれる日を思って、じっと耐えている。お客様が帰ったら、ドアを閉めて片づけをするのだが、本当はだめなのだが、食事を作って食べたりしている。在庫の管理は、自分がしているので、その位の自由が利く。こんなホテル・・と思っているので、結構勝手にやっている。それが気晴らしなのだろう。(67歳男性)
  • お客様が帰られる際のお声がけの一言が私の続ける理由です。ありがとうや、美味しかったなど本当に些細な一言で、またご来店いただけたらと嬉しくなります。対処法はこまめなガス抜きです。
    どうしても辛いと思う時には、仕事後そのまま一人でカラオケに走って大声で叫ぶ曲を歌ったりして発散するとかなりマシになります。休日には無心で本を読んだり、何も考えずに散歩してみたりするのも有効だと思います。起き上がるのもしんどい日は、無理に起きあがろうとせずに携帯端末やTVの大画面で映画を見たり録画番組を視聴したりして気力を回復しています。(35歳女性)

販売店員の仕事辞めたい

店員の仕事は、店舗で商品やサービスを販売するために、顧客サービスを提供することを主な仕事とします。商品の特徴や利点を説明し、顧客ニーズを把握し、商品の選定やカスタマイズ、支払いなどを行うことが求められ、店舗の規約や業務フローを理解し、それに従って商品の販売や顧客サービスを提供することが求められます。

また、顧客とのコミュニケーション能力、顧客サービススキル、商品の知識、清掃などが求められることが多いです。時間帯によっては、夜勤や早朝勤務があることもあります。

販売店員の仕事で嫌な事

  • 長時間の店舗勤務で疲れやストレスを感じることが多い
  • 不定期なスケジュールが多い
  • 顧客からの怒りや不満を受けることがある
  • 立ちっぱなしの勤務が必要なことがある
  • 店舗によっては高温や湿気の中で働くことが多い
  • 多くの文書やデータ処理が必要なことがある
  • 長時間シフト勤務が必要なことがある
  • 休憩時間が短いことがある

販売店員の仕事辞めたい理由

  • 人間関係(56歳女性)
  • 社内の人間関係が悪く、悪口や噂話などで持ちきりなので職場を辞めたいと何度も思いました。(ホームセンターの商品補充/38歳女性)
  • 販売接客の仕事をしていますが、朝が早く夜遅くまでの拘束時間の長さと、同しようもないお客のクレームに対応しきれない時。(30歳男性)
  • クレーム対応で精神的に参ったため(36歳女性)
  • 全国で1000店舗以上を展開しているホームセンターなのですが、異動が多く、上司が変わる度に方針がコロコロ変わり、お客様のためではなく、上司のために働いている感じしかありませんでした。高額客注は上司の手柄になり、失敗は自分の責任になる·····組織とはそんなものだろうと諦めているものの、理不尽感とストレスばかり。ローコストオペレーションという名のもとに、どの店舗も慢性的な人員不足で、休日出勤(サービス)しなければ店舗は回らず·····気持ちにも体力にも余裕がなくなってしまい、辞めたいと思いました。(ホームセンター店長/50歳女性)
  • ・本当にお客様のための仕事をしているのか疑問に思うことがある
    ・拘束時間が長い(38歳男性)

販売店員の仕事に疲れた時の対処法

  • 金銭的なこと 対処法は見ざる言わざる聞かざるで関わらないこと(56歳女性)
  • お給料を住宅ローンの返済に充てたいので、仕事を続けています。職場の人間関係に首を突っ込まないように気をつけています。(ホームセンターの商品補充/38歳女性)
  • 雇われなので、多々保証や保険等も入ってくれているので、その仕事だけしていれば、贅沢は出来なくても生活は出来るので、続けるしかないです。(30歳男性)
  • 経済的なことを考えると決断できないのと、代わりの人員がいないので。(36歳女性)
  • 家族を養わなければならないので、簡単に辞めることはできないです。また、お客さまから応援の言葉をいただくと、頑張らなければと思います。ブラック体質の企業に1人の力で立ち向かうのは無謀だと思うので、労働組合がしっかりしている所ならば、力を借りるのがいいと思います。(ホームセンター店長/50歳女性)
  • ・転職を繰り返してきたので次がないと思っているため(38歳男性)

ICT教育支援員の仕事辞めたい

ICT教育支援員は、学校や教育機関におけるICT教育に関する支援を担当する職種です。ICT教育支援員は、ICTインフラやソフトウェア、ハードウェア、ネットワークなどに関する支援を担当し、教育においてICTを活用するための支援を行います。

ICT教育支援員の主なタスクは以下のようになります。

  • ICT教育に関する指導や支援
  • ICTシステムのセットアップや管理
  • オペレーティングシステムやアプリケーションソフトのインストールやアップデート
  • ネットワークの設定や管理
  • セキュリティ対策の導入や管理
  • 教師や学生からのICT教育に関するサポート要求に対する対応
  • ICT教育に関連する文書や手順書の作成

ICT教育支援員は、ICTに関する技術的なスキルだけでなく、教育に関する知識や経験も必要です。また、教師や学生とのコミュニケーション能力も重視されます。新しい技術やツールに対応する能力も求められます。

ICT教育支援員の仕事で嫌な事

  • 過度な技術的なトラブルシューティングやメンテナンス作業
  • よく発生する問題に対応するため、ストレスがたまることがある
  • 教師や学生からの問い合わせ対応やサポートが多く、忙しい日が多いこと
  • ICTシステムの更新やアップグレードをするため、常に最新の技術に対応しなければならないこと
  • 教育に関する知識や経験がない場合、教育においてICTを活用するための支援をすることが困難になること

ICT教育支援員の仕事を辞めたい理由

  • 職場は教育現場で1人のみということで、孤独な闘いだったこと。ICT知識がほぼなくても会社のサポートありとのことでしたが、実際は自力で何とかすることが多かったためです。(40歳女性)

ICT教育支援員の仕事に疲れた時の対処法

  • あと数日行ってみよう。あと数か月。何月になったら辞めようか……と悩んでいるうちに、職場の雰囲気や会社へのヘルプの出し方がわかってきたことと同じような立場の同僚とコミュニケーションをとる手段ができたので続けることができています。(40歳女性)

教員の仕事辞めたい

教員は、学校や大学などの教育機関で、学生たちに知識やスキルを教える職種です。教員は、小学校から大学まで、様々な学年に対して教えることができます。

教員の主なタスクは以下のようになります。

  • 教科書や教材を用いて授業を行う
  • 学生たちの成績を評価し、フィードバックを与える
  • 学生たちの学習に関する問題を解決する
  • 学生たちの行動や成績を観察し、報告書を作成する
  • 教育方針やプログラムに従って教育を行う
  • 学生たちとのコミュニケーションを取り、学習に関する支援を行う
  • 学習の質を向上させるための研究を行う

教員は、授業以外にも様々なタスクを担当することがあります。例えば、学校やクラスの全体に関わる活動やプログラムの準備、学校や地域のイベントの参加、学校や地域のパートナーシップの構築などです。

教員は、授業以外の時間も多くを使って、学生たちの学習に貢献することが求められます。また、教員は、学生たちの学習に関する問題を解決するために、学生たちや家族、学校スタッフ、地域のパートナーと協力しなければなりません。

教員は、学生たちの発展に貢献するために、常に新しいアイデアや方法を模索しなければならず、持続的な学習を続けることが求められます。

教員の仕事で嫌な事

  • 授業の評価や成績管理にかかる時間が多いこと
  • 作業や準備によって、授業以外の時間が少なくなること
  • 給与や評価についての不満
  • 管理職や親からのプレッシャー
  • 学生の行動や成績に不満を感じること
  • カリキュラムや教育政策に対する不満
  • 自分自身の能力不足や疲れによるストレス

教員の仕事を辞めたい理由

  • 担当している学生から反抗的な態度を取られても職務上、やらざるを得ない事が続いた時には本当に辞めたいと思いました。また一生懸命に教えてサポートした学生達が検定試験に合格できなかった時、向いてないのかもしれないと思って辞めたいと思いました。また体調が悪かったり、大切なプライベートな用事がある時でも授業がある時には休めず、有給休暇も殆ど取れない状態で頑張っているのに給料が安いので割に合わないと思って辞めたいと思いました。(53歳女性)
  • 多忙すぎて、残業代もつかず、精神的に疲れたため(38歳女性)
  • 労働環境が過酷すぎる。残業が当たり前、仕事量が多い、持ち帰りの仕事がある、体力がないと辛い、人間関係が悪い。主にこれらが原因です。(幼稚園教諭/30歳女性)
  • 小学校で10年間近く管理職を経験し、定年退職後、先輩の勧めもあって、幼稚園の園長を拝命することになりました。幼稚園教諭や保育士の免許など持ち合わせていなかったため一度は断りましたが、「あなたが子どもの保育をするのではない。あなたは職員の管理監督をするのが仕事。」と言われ、職員のマネジメントならできそうだと判断し、引き受けることにしました。小学校も幼稚園も教育機関だし、ましてや、小学校より「下の世代」という変な優越感に包まれていました。
    しかし、小学校と幼稚園は「似て非なるもの」で、申し訳ないのですが、職員の質も劣りました。指導をしても、反発されることはありませんでしたが、教育・保育効果は思ったほどに上がらず、園に対する保護者からの評判もジリ貧の状態でした。組織がうまくいかないのは、やはりトップの責任だと常日頃思っていたので、最高責任者である「理事長」に辞意を表明しました。(63歳男性)

教員の仕事に疲れた時の対処法

  • 反抗的な態度を取る学生がいる一方、私の事を慕ってくれる学生たちも居るので、その子達のために辞められないと思いました。そして卒業して行った学生達がたまに学校に遊びに来て、仕事を頑張ったり、成長している姿を見せてくれるのは嬉しくて、やりがいも感じますので。(53歳女性)
  • 子供と接しているのは楽しいし、仕事の内容に関しては自分にあっていると思うから(38歳女性)
  • 子どもたちがいるので簡単には辞められません。でも子どもたちがいてくれるからなんとか続けていけてるなと思います。(幼稚園教諭/30歳女性)
  • 辞めたい気持ちというより、現状からすれば「辞めざるを得ない立場」という自己認識だったので、中間管理職である副園長や主任に辞意を打ち明けたところ、強く慰留されました。「いろいろ言う保護者は、気にしないでいい。クレーマーだから。」、「園の職場の雰囲気は、以前の園長の時より格段にいい。」、「わずか数年でお辞めになるというのはある面、無責任ではないか?」、「園長が辞めたら私も辞める。」などの意見は嬉しくもあり、一定の理解もできたので、それこそ歯を食いしばって仕事を続けています。
    しかし、「保育」の世界に素人同然なのは、昔も今も変わっておらず、さりとて、これから猛勉強をして…というエネルギーも乏しいことから、そうであるならば、私に代わる「最適な人物の人選」に心血を注いでいるところです。そのことが、きっと組織に寄与する一番の「仕事」になると自負しています。(63歳男性)

予備校事務の仕事辞めたい

予備校事務は、予備校や進学塾などの教育機関の事務業務を担当する職種です。予備校事務の主なタスクは以下のようになります。

  • 入学手続きや入会手続きを行う
  • 受講料や教材費などの請求書を作成し、管理する
  • 学生や保護者からの質問に対応し、サポートを行う
  • 学生の出席や成績の管理を行う
  • 学科やクラスのスケジュールの管理を行う
  • 教室や教材の貸し出しの管理を行う
  • 広告や宣伝に関する業務を行う

予備校や進学塾などの教育機関で働くために、教育に関する知識や経験が望ましいです。また、学生や保護者とのコミュニケーション能力が重要です。学生や保護者からの質問に対して、丁寧で迅速な対応をすることが求められまし、文書作成やデータ入力などの事務作業にも長けていることも必要です。

多忙な時期がありますし、入学や入会のシーズンなどは、手続きや請求書などの作業が増えるため、ストレスがたまることがあります。また、学生や保護者からの質問に対応するため、忙しい日が多いことがあります。

教育関係の仕事であり、学生の発展や教育に貢献することができる職業であることも見逃せません。

予備校事務の仕事で嫌な事

  • 多忙な時期において、手続きや文書作成などの事務作業が増えるため、ストレスがたまること
  • 学生や保護者からの質問や要望に対応するため、忙しい日が多いこと
  • 学生や保護者からの不満やトラブルに対応するため、ストレスを感じること
  • 給与や評価についての不満
  • カリキュラムや教育政策に対する不満
  • 自分自身の能力不足や疲れによるストレス

予備校事務の仕事辞めたい

  • 上司に事あるごとに指摘され、怒られ続けたからです。聞いても教えてくれずまずは一回泳がされ、終わった後にここが違う、全然ダメ、といったようにネチネチ言ってくるのが嫌でした。それが一年ずっと続き、仕事を辞めたいとずっと思っていました。(27歳男性)

予備校事務の仕事に疲れた時の対処法

  • 生活ができなくなるからです。やはりお金がないと生活ができないので、我慢して続けています。対処法としては、なるべく嫌な人に近づかない事です。別の人に聞いたり、席の近くを歩かずにわざと遠回りなどをして対処していました。(27歳男性)

コールセンターの仕事辞めたい

コールセンターは、電話やインターネットなどを通じて、顧客からのお問い合わせに対応する職種です。コールセンターの主なタスクは以下のようになります。

  • 電話やインターネットでの受付や問い合わせへの対応
  • 顧客からの質問や要望に対して、丁寧かつ迅速に対応をする
  • 顧客の解決策やサポートを提供する
  • 顧客情報や問い合わせの履歴を管理する
  • 顧客とのコミュニケーションを行う
  • 顧客満足度の調査を行う

コールセンターは、顧客サービスに関する知識や経験が望ましいです。また、コールセンターは、顧客とのコミュニケーション能力が重要であり、聞き取り力や伝え方などが必要です。

コールセンターの仕事で嫌な事

コールセンターの仕事で嫌なことは、長時間の待ち時間やストレスの高い環境、頻繁な口調の異なる顧客とのやり取り、そして顧客からの評判の良くない反応などが挙げられます。

  • 電話やインターネットでの仕事が多く、長時間立ち上がったり、目を疲れさせることがある
  • カスタマーサービスに対して、不満や怒りを買うことがある
  • ターゲットやKPIに達するために、顧客との会話を短くする必要があること
  • リピーターや不快な顧客との対応が多いこと
  • ストレスや疲れによる身体的な不調
  • 給与や評価についての不満

コールセンターの仕事を辞めたい理由

  • お客様からの理不尽な苦情や叱責をされた時。(34歳女性)
  • なかなか上司が仕事の成果を評価してくれないので。また職場の待遇も改善されないので。(43歳男性)
  • 理不尽なクレーム対応など、カスタマーハラスメントにあったとき(49歳女性)
  • 受電対応の業務なのですが週に2日ほどしか電話が鳴ることがなく、ほとんどが対応記録のチェックに時間を費やしているためやりがいがないです。また子育てしながらほぼフルタイムで仕事をしているため家にいる間は時間が足りないこことが多いのに対し、会社では仕事がほとんどないのがストレスになったためです。(25歳女性)
  • 上司が悪口ばかり言っていて聞いているのが辛いため、辞めたくて仕方がないです。(43歳女性)
  • 損保系のコールセンター勤務だが、業務内容がどんどん高度になっていき、年齢的についていけなくなった。(64歳女性)

コールセンターの仕事に疲れた時の対処法

  • 生計を立てていくために続けなければいけない(34歳女性)
  • 同僚がいてなかなか辞めるのが難しいから。対処法としては、自分自身に何かしらプレゼントを与えていることです。(43歳男性)
  • 嫌なお客さまもいるが、「ありがとう」と言われることもある。お客さまの言葉で頑張ろうと思えることもあるから(49歳女性)
  • 生活のために働いています。自分のための休みを取るなどして気分転換をするのが今の対処法になっています。(25歳女性)
  • 若くないので再就職できるのかが不安なことと、また新しい職場でも人間関係で悩まされたらどうしようという不安からなかなか踏み出せないでいます。(43歳女性)
  • 65歳定年まであと少しなので、それまでは何とか自分や周りをごまかしながら続けるしかない。(64歳女性)

清掃の仕事辞めたい

清掃の仕事は、建物や施設、道路などの清掃や維持に関するタスクを担当する職種です。清掃の主なタスクは以下のようになります。

  • 建物や施設、道路などの掃除を行う
  • ゴミ処理や清掃機材の管理を行う
  • 清掃用品や機材の調達を行う
  • 清掃作業のスケジュールや作業場所の管理を行う
  • 清掃に関する問題やトラブルを解決する

清掃の仕事は、基本的な力労力が必要で、長時間立ち上がったり、体を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがあります。また、清掃には汚れや異物を扱うことが多く、手袋やマスクなどの必要な保護具を装着しなければならない場合があります。

清掃の仕事で嫌な事

  • 長時間立ち上がったり、体を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生すること
  • 清掃作業中には汚れや異物を扱うことが多く、手を汚したり、異臭をかいだりすることがある
  • 温度や湿度の変化による不快な環境に長時間曝されること
  • 作業場所によっては、危険な環境に曝されることがある
  • 給与や評価についての不満
  • 自分自身の能力不足や疲れによるストレス

清掃の仕事辞めたい理由

  • 給料が安くて、やる気が失せたからです。(40歳女性)
  • 職場の人間関係が悪いからです。清掃業はキツイ、キタナイ、カッコ悪いの3Kです。だから、人が集まらないし、人が居つきません。そんな状況での集団は、同調圧力がものすごく、少しでも異質な存在は排除しようとします。ヒヨコが弱っているものを、全員でつついて亡きものにする様に似ています。私は、特定の企業に所属したことがなかったという理由で、同僚に苛められました。「あそこにいたことが無い奴は人間じゃない。人間じゃないから殺したって構わないんだ。人殺しにならない。」と言われました。実際に階段から突き落とされました。それで辞めたくなりました。(59歳女性)
  • 職場でのモラハラ、人間関係の悩み。(21歳女性)

清掃の仕事に疲れた時の対処法

  • 近くで、一番給料がいいし、自分に合っている仕事だからです。日によって、目標を立てて頑張っています。(40歳女性)
  • 階段から突き落とされた時は、私が受け身ができたために大ごとになりませんでした。階段から突き落とした人のことは、社長に報告して、その人と二度と組まないようにしてもらいました。社長は事態の重大性を少しは分かっているみたいで、私が居ないところで全員に注意したそうです。そして、私が今回のことを労働局に訴えたら、会社が潰れると怒ったそうです。全員不満でたまらず、社長に抗弁したみたいで、その後は私を無視するようになりました。ただし、直接暴力を振るうことはなくなりました。清掃の仕事自体は気に入っています。注意力の払い方も性格に適しています。人とあまり接する機会がなくて済むのも、ストレスが少ないです。仕事に集中できる状況が得られたら、時給は比較的よいので、大きな不満なく働くことができます。その為には社長としっかりコミュニケーションを取るようにしています。(59歳女性)
  • 仕事内容が好きで、自分に向いているものだから。本人に嫌なことは嫌と伝えることです。(21歳女性)

警備の仕事辞めたい

警備の仕事は、建物や施設、イベントなどのセキュリティーを確保するために行うタスクを担当する職種です。警備の主なタスクは以下のようになります。

  • 建物や施設、イベントなどを巡回し、不審者や犯罪の未然防止を行う
  • 入退出者の管理を行う
  • 火災や災害などの発生時には、適切な対応をする
  • 盗難や破壊行為などの犯罪を防止するための見張りを行う
  • 機材や設備の監視を行う
  • 通報や警報などに応じ、適切な対応をする

警備の仕事は、身体的に強いことが望ましく、長時間立ち上がったり、歩き回ることが多いため、身体的な疲れが発生することがあります。また、警備員は、状況に応じて、危険な状況に直面することもあるため、自分自身と他者を守るための身体的な能力や知識が必要です。

また、警備員は、状況に応じた適切な対応をするために、警察などと協力しなければならない場合があります。

警備の仕事で嫌な事

  • 長時間立ち上がったり、体を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生すること
  • 夜勤や長時間労働が多いこと
  • 危険な状況に直面することがある
  • 給与や評価についての不満
  • ストレスや疲れによる身体的な不調
  • 犯罪や事件に直面して、心理的なストレスを感じることがある
  • 自分自身と他者を守るために、常に警戒しなければならないこと
  • 孤独感を感じることがある。

警備の仕事を辞めたい理由

  • 営業職で入社したのに毎日、現場ばかり出され入社時の雇用条件と全く違っているから。(46歳男性)

警備の仕事に疲れた時の対処法

  • 子供が高校3年生なので卒業するまでは親が無職になるのを防ぎたいから。(46歳男性)

エステティシャンの仕事辞めたい

エステティシャンの仕事は、美容や健康に関する施術やアドバイスを提供するタスクを担当する職種です。エステティシャンの主なタスクは以下のようになります。

  • 客に応じた施術を行う(フェイシャル、ボディマッサージ、ネイル、エステなど)
  • 客の悩みや要望に応じて、アドバイスを行う
  • 客の肌質や状態を判断し、適切な施術を提案する
  • 施術中には、客に安心して過ごせるように、安全に対応する
  • 施術器具や薬剤などの調達を行う
  • カスタマーサービスに対して、丁寧かつ迅速に対応をする

エステティシャンの仕事は、美容や健康に関する知譭が必要で、施術中には手を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがあります。また、エステティシャンは、顧客とのコミュニケーション能力が重視されるため、人柄やコミュニケーションスキルを持っている人が向いていることが多いです。また、美容や健康に関する知識やスキルを持つことが求められ、定期的に研修を受け続けることが必要になります。

エステティシャンの仕事で嫌な事

  • 手を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがある
  • 長時間立ち上がったり、座ったりすることが多いため、身体的な不調を感じることがある
  • カスタマーサービスに対して、時間や性格によっては、ストレスを感じることがある
  • 施術中には、不快な異臭や臭いをかいだりすることがある
  • 施術中には、顧客によって、不快な話を聞かされることがある
  • 美容や健康に関する知識やスキルを維持するために、定期的に研修を受け続けることが必要である
  • 新しいトレンドや技術を追いかけることが必要である
  • 施術中には、顧客によって、不快な状態を見せられることがある

エステティシャンの仕事を辞めたい理由

  • 売り上げがなかなか上がらなくてプレッシャーがかかってる時。頑張っても思うように売り上げに繋がらないと、何を改善すればいいかわからず向いてないのかなと思うことがある。(29歳女性)

エステティシャンの仕事に疲れた時の対処法

  • 仕事自体は美容や人と話すことが好きなのでやりがいがある。お給料も悪くないので、転職するほどでもないので。
  • 対処法は、とにかく上司からのアドバイスやネット、本などで勉強をして営業力や技術を上げることだと思います。(29歳女性)

トレーニングジムインストラクターの仕事辞めたい

トレーニングジムインストラクターの仕事は、ジムやフィットネスセンターなどで、運動やエクササイズの指導を行うタスクを担当する職種です。トレーニングジムインストラクターの主なタスクは以下のようになります。

  • クライアントに適したトレーニングプログラムを作成する
  • トレーニングプログラムを指導し、クライアントが目標を達成するために支援する
  • クライアントの身体状態やフィットネスレベルを評価し、適切なトレーニングプログラムを提案する
  • トレーニング中には、クライアントが安全に運動をするために、フォームチェックを行う
  • クライアントがトレーニングに挑戦することができるように、モチベーションを上げる
  • トレーニングジムやフィットネスセンターのルールや制度を守る

トレーニングジムインストラクターのトレーニングジムインストラクターの仕事は、健康やフィットネスに関する知識やスキルが必要で、施術中には手を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがあります。また、トレーニングジムインストラクターは、クライアントとのコミュニケーション能力が重視されるため、人柄やコミュニケーションスキルを持っている人が向いていることが多いです。

トレーニングジムインストラクターの仕事で嫌な事

  • 手を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがある
  • 長時間立ち上がったり、座ったりすることが多いため、身体的な不調を感じることがある
  • クライアントの要望に沿って、適切なトレーニングプログラムを作成することができない場合がある
  • クライアントがトレーニングに取り組めない場合、モチベーションを上げることができない
  • クライアントの身体状態やフィットネスレベルが低い場合、トレーニングプログラムを調整することが必要
  • トレーニングジムやフィットネスセンターのルールや制度を守ることができない場合がある
  • トレーニング中には、不快な異臭や臭いをかいだりすることがある
  • トレーニング中には、顧客によって、不快な状態を見せられることがある

トレーニングジムインストラクターの仕事を辞めたい理由

  • 営業活動も兼任で行っており、案件やパーソナルトレーニングの注文をとってきても他の何もできない社員と給料がほぼ変わらないところです。(28歳男性)

トレーニングジムインストラクターの仕事に疲れた時の対処法

  • 結婚しているということもあり、なかなか転職に踏み出せません。あとトレーニングが好きで、仕事自体は好きなのでやりがいはあります。(28歳男性)

トリマーの仕事辞めたい

トリマーの仕事は、犬や猫などの動物の毛髪を整えるための施術を行うタスクを担当する職種です。トリマーの主なタスクは以下のようになります。

  • 動物の毛髪をブラッシング、カット、スタイリングする
  • 動物の毛髪の質、色、長さ、毛質などを評価し、適切な施術を行う
  • 動物の様子を見ながら、施術を行い、動物がストレスを感じないように調整する
  • 動物の毛髪に対して、適切な薬剤を使用する
  • 動物を繁殖するために使用する場合には、適切なトリミングを行う
  • カスタマーサービスに対して、丁寧かつ迅速に対応をする

トリマーの仕事は、動物に対する知識やスキルが必要で、施術中には手を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがあります。また、動物に対してのコミュニケーション能力や敏感な手触りが求められます。トリマーの仕事は動物愛好家には向いている職業です。

トリマーの仕事で嫌な事

  • 手を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがある
  • 長時間立ち上がったり、座ったりすることが多いため、身体的な不調を感じることがある
  • 動物の様子を見ながら、施術を行うため、長時間立ち上がって作業をすることが多い
  • 動物が怖がったり、不快な反応をすることがある
  • 動物の毛髪に対して、適切な薬剤を使用することで、身体的な不調を感じることがある
  • カスタマーサービスに対して、時間や性格によっては、ストレスを感じることがある

トリマーの仕事を辞めたい理由

  • キツイ、汚い、危険、責任重い割に給与が激安で辛いので(32歳男性)

トリマーの仕事に疲れた時の対処法

  • 他にやりたいこともなく、辞めて新たに人間関係を構築するのが苦手なので(32歳男性)

美容師の仕事辞めたい

美容師の仕事は、髪の毛や顔、身体などを整えるための施術を行うタスクを担当する職種です。美容師の主なタスクは以下のようになります。

  • 髪の毛をカット、スタイリング、カラー、パーマなどを施術する
  • 顔や身体に対して、美容施術を行う。例えば、フェイシャル、エステ、ネイルなど
  • 顧客の要望や髪質、肌質、体型などに合わせて、適切な施術を提案する
  • 顧客の評判や口コミなどを参考に、新しいトレンドや技術を学ぶ
  • 美容に関する知識やスキルを維持するために、定期的に研修を受け続ける
  • カスタマーサービスに対して、丁寧かつ迅速に対応をする

美容やファッションに関する知識やスキルが必要で、施術中には手を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがあります。また、顧客とのコミュニケーション能力や人柄が求められ、顧客に満足を提供することが重要です。美容師の仕事は、美容やファッションに興味がある人に向いている職業です。

美容師の仕事で嫌な事

  • 手を動かすことが多いため、身体的な疲れが発生することがある
  • 長時間立ち上がったり、座ったりすることが多いため、身体的な不調を感じることがある
  • 顧客の要望に沿って、適切な施術を行えない場合がある
  • 顧客が不満を言うことがある
  • 顧客からの要望に対して、時間やスケジュールによっては対応できないことがある
  • 美容に関する新しいトレンドや技術に対応できないことがある
  • 美容に関する知識やスキルを維持するために、定期的に研修を受け続けることが必要
  • 施術中は、不快な異臭や臭いをかいだりすることがある

美容師の仕事を辞めたい理由

  • 人間関係の悪化
    かなりの人数を散髪で疲労困憊の割には安月給
    サービス早出残業の強要(31歳男性)
  • ただ単純に仕事をしたくないということもあります。
    美容師は接客業の中でも特にお客様と親身な立場で接する仕事なのですごく気を遣うことと、失敗できないプレッシャーがあるからです。お客様自身で痛めてしまった髪に対しても、施術をして失敗できないのは理不尽な部分もあります。
    失敗するのがわかっているので断ってもそれを完璧にするのがプロの仕事と勘違いしている方が多いので疲れるからです。労働時間に対しての報酬も少ないからです。(41歳女性)
  • 長時間立ち仕事なので足に負担があり健康面で支障が出てきた。技術面の講習会参加が多くプライベートの時間が少ないため苦痛に感じた(56歳女性)

美容師の仕事に疲れた時の対処法

  • 他にできる仕事がない。
    仕事を探すのがめんどくさい(31歳男性)
  • 仕事をしないと生きていけないので仕方なくやっています。
    副業をしたり、スキルを身につけてこの仕事じゃなくてもやっていけるよう勉強しています。(41歳女性)
  • 美容師の資格を取得するまでの美容学校での努力を無にしたくなかった、又自分の技術がお客様に喜ばれると疲れも感じなく美容師という職業は定年がなく一生続けられると思ったから(56歳女性)

SEの仕事辞めたい

SE (System Engineer) の仕事は、コンピューターシステムやネットワークなどの技術的な問題を解決するためのタスクを担当する職種です。SEの主なタスクは以下のようになります。

  • コンピューターシステムやネットワークなどの技術的な問題を分析し、解決する
  • コンピューターシステムやネットワークなどを構築、運用、管理する
  • ソフトウェアやハードウェアなどのアップグレードを行う
  • セキュリティなどの観点からシステムやネットワークを監視し、保護する
  • システムやネットワークなどを調整し、最適な性能を維持する
  • 顧客やユーザーに対して、技術的なサポートを行う

SEの仕事は、コンピューターシステムやネットワークなどに関する知識やスキルが必要で、技術的な問題を分析し、解決する能力が求められます。また、顧客やユーザーとのコミュニケーション能力も重要です。

SEの仕事で嫌な事

  • 技術的な問題が複雑で解決に時間がかかることがある
  • システムやネットワークを運用するため、長時間作業をすることがある
  • セキュリティなどの観点から、常に監視をする必要があるため、ストレスを感じることがある
  • 技術的な問題が発生した際には、緊急対応をする必要があるため、時間の使い方に制限がある
  • 新しい技術やトレンドに対応するためには、常に学習を続ける必要があり、時間の使い方に制限がある
  • 顧客やユーザーからの要望に対して、時間やスケジュールによっては対応できないことがある

SEの仕事を辞めたい理由

  • 仕事を頑張っている人が評価されず、上手いこと立ち回っているだけの人が評価されたとき。就業時間中に必死で仕事を終わらせた自分より、就業中はさぼり、残業しいる方が評価される周りにうんざりした。(47歳男性) 
  • 年末の最後の出勤日に膨大な仕事を振られた。他の人達は定時でさっそうと帰る中、自分を含めた少数は遅くまで残業するはめになった。明らかに上司からの嫌がらせだった。仕事とはいえ悔しくて辞めたくなった。(39歳男性) 
  • 自分の時間が欲しいとの理由で辞めたいと思うことが多々あります。自分が管理職なのですが、お客様への折衝、上司との交渉、配下メンバへの作業指示など作業過多になっていることです。権限の移譲をして作業負荷を分担できればよかったのですが、配下メンバの契約関係の都合で難しい場合が多く、作業分担が思うようにできない状態となっています。そのため、休日出勤で作業量を増やしてカバーする状態を続けており、自分の時間が確保できないことです。(33歳男性)
  • IT業界は下請け、孫請けといった多重構造からなっています。建築業界の二次受け、三次請けと同じような構造です。そのため、他社の人間が上司になったり、部下になったりします。しかも、半年、1年で現場が変わることも多々あります。そのため、都度人間関係を構築しなければなりませんし、現場の中で他社の人間が上司でありながら、他社の人間も上司であるといういびつな構造になっています。こうした人間関係の構築、指揮命令系統の不明瞭さにより、人間関係で問題が起こっても相談しづらい(注意しにくい、配置転換を頼みづらい)状況が発生し、人間関係に疲れてしまうため、会社を辞めて他業種への転職を考えたことがあります。恒常的に残業時間が多く激務な点も理由の一つです。(年中繁忙期という状況です。) (48歳男性)
  • 給料が安く業界も先細りしている。(33歳男性)
  • 給料が少なく生活に困っているので。(34歳男性)
  • 残業が多く、帰宅が深夜になる日ばかりなので体力的にもう厳しいから。(39歳女性)
  • 社内や社外でも、社長に気に食わない、納得行かないことがあると、お客様の前でも叱責されたとき、精神的につらいと感じたから。(46歳女性)
  • 同僚の言動に敬意が感じられず、ウマが合わない。(60歳男性)
  • 顧客とのトラブルで年間1000時間を超える残業を行い対応を完了後に、精神的な異常を感じ通院、心療内科でうつと診断され3カ月休業しました。復帰後、別の作業を行うもうつを再発、その後も休業と復帰を繰り返しました。今までどんな作業でも自分が頑張れば解決できると取り組んできた仕事に自信を無くした時に辞めたいと感じました。(60歳男性)
  • 社長の暴力が激しいため。パワハラなどではなく実際の暴行。(43歳男性)

SEの仕事に疲れた時の対処法

  • 次の仕事は簡単には見つからないし、慣れるまで時間が掛かることを考えると、転職は簡単には出来ない。(47歳男性) 
  • 給料をもらわないと生活できないから。対処法としては、よりよい職場に転職するか、出世して見返してやるかといったところ。(39歳男性) 
  • 辞めると金銭的な面で不安があるのと、後任を任せられる人材がまだいないことが理由で辞めていません。仕事へのストレスについては数少ない休日に自分の好きなことをして解消するのと、今後辞められるように自分の作業を他の人にも可能な限り回して成長に繋げるように動いています。(33歳男性)
  • 率直に言うと、生かせるスキルがITに偏ってしまっている点、生活のためには働かざるを得ないという点があります。自己研鑽が足りないと言ってしまえばそうなのですが、他の事をするための時間が取れないというのが現状です。対処法としては、人間関係においては、いびつな構造であるとしても、自社、他社問わず自分の上司にあたる人に相談をし、状況を変えてもらうといったことは心がけています。(どれだけ反映されるかは正直疑問ですが指揮命令系統上そうなっているので、正攻法で対処するしかありません)あとは、良い意味での割り切り、人間関係において距離感をとり、お金を稼ぐために現場にいるんだ、という風に思うようにしています。(よく言われている事ではありますが)自己研鑽に関しては何とか時間を確保するため、極力無駄な飲み会には行かない、アフターファイブは仕事上の人間関係は一切シャットダウンするといった行動を取るようにしています。(48歳男性)
  • 今職を失うとキツイと考えている。(33歳男性)
  • いい転職先がみつかりません。(34歳男性)
  • 他の職場でまた一から人間関係を作ってゆく体力がもうないから。(39歳女性)
  • 家族を養うために続けている。前までは社長の近くの席だったが、離れた場所に机を追加で作り、逃げ場所を確保した。(46歳女性)
  • 年齢的に再就職が難しい。できるだけ対峙しないようにする。(60歳男性)
  • やはり、仕事をやめてしまうと生活ができないことが続ける一番の理由でした。立ち直るきっかけとなったのは、会社の紹介で県の障害者職業センターというところがあり、そこでカウンセリングが受けられると勧められたことでした。センターに1年通い、自立神経訓練法やカウンセリングを受けることで自分を見つめ直し、うつの対処方法を学んだことで精神状態をコントロールできるようになり、勤務を続けることが可能となりました。(60歳男性)
  • 子どもが生まれたばかりですぐ退職するわけには行かなかった。極力捕まらないよう目立たないようにしていた。(43歳男性)

UX/UI デザイナーの仕事辞めたい

UX/UIデザイナーの仕事は、ユーザーエクスペリエンス(UX)とユーザーインターフェイス(UI)を考慮して、ウェブサイトやモバイルアプリなどのインターフェイスのデザインを行うタスクを担当する職種です。UX/UIデザイナーの主なタスクは以下のようになります。

  • ユーザーに対して、使いやすいインターフェイスを設計する
  • ユーザーのニーズや操作性を考慮して、インターフェイスのデザインを行う
  • コンテンツや機能を整理し、わかりやすい構成にする
  • インターフェイスのデザインにおいて、視覚的なバランスや美意識を考慮する
  • インターフェイスのデザインにおいて、アクセシビリティやレスポンシブデザインなどの指針に沿ってデザインを行う
  • インターフェイスのデザインにおいて、A/Bテストなどのテスト手法を使用し、改善を行う

UX/UIデザイナーの仕事は、インターフェイスのデザインに関する知識やスキルが必要で、ユーザーに対して使いやすいインターフェイスを設計する能力が求められます。また、デザインにおいて、視覚的なバランスや美意識を考慮することが重要です。

UX/UI デザイナーの仕事で嫌な事

  • クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションによって、デザインの方向性が異なることがある
  • スケジュールや期限が厳しいため、プレッシャーを感じることがある
  • A/Bテストなどのテスト結果によって、デザインを修正する必要があるため、手間がかかることがある
  • 視覚的なバランスや美意識を考慮するため、細かいところまでチェックする必要があるため、時間がかかることがある
  • インターフェイスのデザインにおいて、アクセシビリティやレスポンシブデザインなどの指針に沿ってデザインを行うために、常に学習を続ける必要があり、時間の使い方に制限がある

UX/UI デザイナーの仕事辞めたい理由

  • 会社の外に向けて売り出しているイメージと実態に差があるのと、明らかにわたしに向いていないプロジェクトを任され、代わりの人材もいなかったので。(39歳女性)

UX/UI デザイナーの仕事に疲れた時の対処法

  • 転職先がなかなか見つからないためと生活のため。向いていないプロジェクトに関しては、自分自身への期待値を下げた。(39歳女性)

WEBライターの仕事辞めたい

WEBライターの仕事は、インターネット上のウェブサイトやブログなどに掲載されるコンテンツを作成するためのタスクを担当する職種です。WEBライターの主なタスクは以下のようになります。

  • ウェブサイトやブログなどに掲載されるコンテンツを作成する
  • キーワードやSEOに沿ったコンテンツを作成する
  • 読者に対して魅力的なメッセージを伝える
  • 読者に対して役に立つ情報を提供する
  • 読者に対して親しみやすい表現を使用する
  • 読者に対して分かりやすい構成を行う

WEBライターの仕事は、コンテンツを作成することが求められるため、文章力や表現力が必要です。また、WEB上での文章に関する知識やスキルが必要で、SEOに沿った文章を作成することが求められます。

WEBライターの仕事で嫌な事

  • キーワードやSEOに沿った文章を作成するため、自分の表現力に制限を感じることがある
  • タイトなスケジュールや期限があるため、プレッシャーを感じることがある
  • コンテンツの質を高めるために、長時間作業をすることがある
  • コンテンツを作成するために、常に新しいトピックや情報を収集する必要があるため、時間の使い方に制限がある
  • コンテンツを作成するために、常に学習を続ける必要があり、時間の使い方に制限がある
  • コンテンツを作成するために、クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションによって、アイデアや方向性が異なることがある

WEBライターの仕事を辞めたい理由

  • 急な仕様変更。賃金の遅延。(45歳女性)

WEBライターの仕事に疲れた時の対処法

  • 在宅でできて、とりあえず必要な分の収入はあるため。対処方は仕事を詰め込み過ぎないこと。(45歳女性)

Webディレクターの仕事辞めたい

Webディレクターの仕事は、インターネット上のウェブサイトやブログなどの企画・運営・管理を行うタスクを担当する職種です。Webディレクターの主なタスクは以下のようになります。

  • ウェブサイトやブログなどの企画・運営・管理を行う
  • コンテンツやデザイン、機能などの要件を定義する
  • コンテンツやデザイン、機能などを検討し、最適なものを決定する
  • コンテンツやデザイン、機能などを決定した上で、開発に関する指示をする
  • コンテンツやデザイン、機能などを管理し、必要に応じて改善する
  • コンテンツやデザイン、機能などを管理し、必要に応じてアップデートする

Webディレクターの仕事は、ウェブサイトやブログなどの企画・運営・管理を行うことが求められるため、プロジェクトマネジメントやコミュニケーション能力が必要です。また、WEBに関する知識やスキルが必要で、コンテンツやデザイン、機能などを検討し、最適なものを決定する能力が求められます。

Webディレクターの仕事で嫌な事

  • 多くのタスクをこなす必要がある
  • タイトなスケジュールや期限があるため、プレッシャーを感じることがある
  • 常に新しいトピックや情報を収集する必要があるため、時間の使い方に制限がある
  • 常に学習を続ける必要があり、時間の使い方に制限がある
  • クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションによって、アイデアや方向性が異なることがある

Webディレクターの仕事を辞めたい理由

  • SEOサイトのディレクターをしていますが、狙ったキーワードでの順位がなかなかあがらず、何をしても悪い方向にしか変化がありませんでした。赤字も続き上司にも指摘をされ続けてしまい、苦しくなり辞めたいと思っています。(36歳女性)

Webディレクターの仕事に疲れた時の対処法

  • 10年働いている会社なのもあり、融通も利いてもらうことができ役職ももらっていたためなかなか辞める決意がでません。どう頑張ってきているのか、何を対策し黒字化に向けて進めているのかをこと細かく説明をすることで上司からの指摘は減っていきましたが、やはりまだ気持ちよく働くことはできていません。とはいえきちんと真剣に仕事に取り組んで改善対策を編み出しているので、黒字化にむけまじめにコツコツ働きいずれ認めてもらいたいと思います。(36歳女性)

イラストレーターの仕事辞めたい

イラストレーターの仕事は、グラフィックデザインや印刷物、広告、ゲーム、映画、アニメなどにおいて、イラストやグラフィックを制作するタスクを担当する職種です。イラストレーターの主なタスクは以下のようになります。

  • イラストやグラフィックを制作する
  • クライアントからの指示を受け、イラストやグラフィックを制作する
  • イラストやグラフィックにおいて、色彩や構図などを決定する
  • イラストやグラフィックをデジタルによって制作する
  • イラストやグラフィックを印刷するために、必要な処理を行う

イラストレーターの仕事は、イラストやグラフィックを制作することが求められるため、美術やデザインに関する知識やスキルが必要です。また、イラストやグラフィックにおいて、色彩や構図などを決定する能力が求められます。

イラストレーターの仕事で嫌な事

  • クライアントからの指示を受け、イラストやグラフィックを制作するため、クライアントの要求に沿った作品を制作することがある
  • タイトなスケジュールや期限があるため、プレッシャーを感じることがある
  • 常に新しいトピックや情報を収集する必要があるため、時間の使い方に制限がある
  • クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションによって、アイデアや方向性が異なることがある
  • 作業が長時間続くことがあり、身体的に疲れることがある

イラストレーターの仕事を辞めたい理由

  • 業務委託のせいなのか、取引先の会社の人間が舐めた態度をとってくる。(金曜の夜9時とかに電話でデータを丸投げしてきて「月曜日まででいいですよ」とか言ってきたり、データをなくされたり、こちらは納期を守っているのに遅れをこっちのせいにされたりなど)(47歳女性)

イラストレーターの仕事に疲れた時の対処法

  • 理由は金のためでしかない。黙っているとこちらが犯人にされるので、なるべく多くの人に進行状況を共有し、自分に非がないという証拠を残すようにしている。(47歳女性)

WEBデザイン兼EC/WEBマーケティングの仕事辞めたい

WEBデザイン兼EC/WEBマーケティングの仕事は、インターネット上のウェブサイトなどをデザインし、ECサイトやWEBマーケティングの戦略などを立て、運用することを担当する職種です。WEBデザイン兼EC/WEBマーケティングの主なタスクは以下のようになります。

  • ウェブサイトなどのデザインを行う
  • ECサイトやWEBマーケティングの戦略を立てる
  • ECサイトやWEBマーケティングの運用を行う
  • WEBアナリティクスなどを利用し、サイトのアクセス解析を行う
  • キャンペーンやプロモーションなどの企画・実施を行う
  • クライアントからの指示を受け、ECサイトやWEBマーケティングの戦略を立てる

WEBデザイン兼EC/WEBマーケティングの仕事は、ウェブサイトなどのデザインやECサイトやWEBマーケティングの戦略を立てることが求められるため、デザインやマーケティングに関する知識やスキルが必要です。また、WEBアナリティクスなどを使ったデータ分析能力や、クライアントとのコミュニケーション能力も求められます。

WEBデザイン兼EC/WEBマーケティングの仕事で嫌な事

  • タイトなスケジュールや期限があるため、プレッシャーを感じることがある
  • ウェブサイトなどのデザインやECサイトやWEBマーケティングの戦略を立てるために、常に新しいトピックや情報を収集する必要があり、時間の使い方に制限がある
  • ウェブサイトなどのデザインやECサイトやWEBマーケティングの戦略を立てるために、常に学習を続ける必要があり、時間の使い方に制限がある
  • クライアントとのコミュニケーションによって、アイデアや方向性が異なることがある

WEBデザイン兼EC/WEBマーケティングの仕事を辞めたい理由

  • 人間関係(中小企業なので特に社長との関係)でストレスが溜まることが理由です。(32歳女性)
  • 人間関係(苦手な人がいたり、孤立していていたたまれないため)(37歳女性)

WEBデザイン兼EC/WEBマーケティングの仕事に疲れた時の対処法

  • 転職して日が浅いということ、その他仕事環境は良い点、生活もかかっておりますので、まだ続けていたいと思います。
    対処法としては、社長が物事を適当に考えすぎるうえ、ADHDの感じがあるかなり変な人なので、
    正直こんなに真剣に業務を行っているのが馬鹿らしくなり、呆れています。
    なので、ある程度諦めて人間だと思って接しないことで、いちいち(変な)社長の言葉に反応せず、ストレスに感じないようにしております。笑(32歳女性)
  • 辞める期日は了承を得たので、あと何ヶ月で辞められると思えることを支えに、続けています。あと、辞めるまでに次の行動をとりやすいよう、転職活動などの前向きなことに取り組みたいと思ってます(37歳女性)

■2024年最新の期間工募集状況

>>特典総額300万円以上の期間工はこちら


絞り込み検索

この記事の目次