※期間限定キャンペーン※
入社のお祝い最大70万円もらえる! 詳細はこちら

ブリヂストン期間工の求人評判は?契約社員のタイヤ工場はきついのか解説

ブリヂストンは日本を代表するタイヤ・ゴム製品の大企業ですが、栃木県・滋賀県、山口県、福岡県、佐賀県、東京都の各工場で製造技能契約社員として求人募集しています。

工場によって働き方や給料・寮も異なりますが、特徴は何と言っても正社員登用率の高さです。

各工場で驚きの94%以上もの期間工が正社員に登用されていますので、この記事ではそんなブリヂストン期間工の募集要項を徹底解説します。

ブリヂストン期間工の魅力
  • 正社員登用率94%
  • 快適な寮生活
  • 賞与年2回
  • マイカー通勤可能
  • 資格取得制度あり
正社員登用94%

おすすめの狙い目は栃木工場

ブリヂストンの契約社員はどこの工場でも大体30万円前後になる事が多いです。

昇給すれば最大月収36万円以上稼ぐ事ができますし、ボーナスが年に2回ありますので期間工としての報酬は他のメーカーと比較してもなのがわかります。

ブリヂストンの正社員登用率は94%ですのでほとんどが正社員の働く職場になります。その為、人手不足になりずらい職場環境ですので契約社員を募集はしていますが、正社員候補としての募集とあってかなり厳しい人事になると予想されます。

逆に栃木工場では入社祝い金が5万円支給されますし、他の工場よりも人手不足ですので採用率や合否にも期待できますので狙い目です。

>>ブリヂストン期間工の求人詳細はこちら

タイヤ製造の仕事はきつい?

ブリヂストン期間工の仕事内容はタイヤ製造工程に配属されますが、自動車製造と同様に多様な仕事があります。

工場によってタイヤのサイズも異なり、一般用の乗用車から大型トラック、航空機や産業用の大きなタイヤまで幅広い車種のタイヤを日々生産することになりますが、仕事がきついというよりも臭いがきついという経験者の方が多いです。

タイヤの生成はほとんどが全自動の機械が作ってくれるため、機械操作がメインとなりますので自動車を組み立てるような仕事よりは軽作業メインとなりますが、タイヤを1本1本目視検査をするような工程や手作業でタイヤの原型を作る工程もあります。

重量作業が改善し、女性も働きやすい職場

まだまだ男性の割合が多い職場ですが、公式では女性でも働きやすい職場になりつつあるようです。

タイヤ1本1本は重いので、重量物を取り扱う仕事は必然的に多くなると思いますが、重量作業による負担の改善も進んでいたり、重い台車を運ぶ時は同僚や先輩が助けてくれたりとチームワークの良い職場ですので女性でも問題なく働く事が出来ます。

休憩室、更衣室、トイレがキレイなのも女性には嬉しい魅力です。

勤務時間は交替制の4班3交替

1直5日勤務1日休
2直5日勤務2日休
3直 5日勤務2日休

期間工というと2交替勤務がオーソドックスですが、ブリヂストン期間工は4班3交替制で工場は24時間稼働しています。

1直は週休1日のように見えますが、勤務日数は5日で1直➜3直➜2直というサイクルになりますので、日勤➜夜勤の長いシフトチェンジ期間を1日の仮休日にしています。

トヨタ期間工などは週休2日に加えてシフトシェンジ期間は別ですので年間休日数約120日ですが、ブリヂストン期間工の年間休日数は105日~106日になります。

残業や休日出勤がほとんどないのに高収入

期間工の2交替勤務だと残業や休出で稼ぐイメージですが、ブリヂストンは24時間稼働の4班3交替ですので残業や休出はほとんどありません。

交替制勤務のメリット、デメリット

4班3交替は勤務時間が決まっているのでオンオフのメリハリもつけやすいですし、予定も立てやすいのが特徴です。

残業がなくても月収が高いのは時給が高いのはもちろん、深夜勤務分の深夜勤務手当が大きいのが理由です。

デメリット
メリット
  • 勤務リズムに慣れるのが大変
  • 土日休みが少ない
  • 勤務時間が決まっている
  • 深夜勤務手当が多い
  • 平日に休みができる

>>ブリヂストン期間工の求人詳細はこちら

正社員登用率が94%以上だから期間工でも安心

期間工は契約社員ですので正社員にてもならない限り契約更新の最大満了月には退職しなければなりませんが、ブリヂストンの場合は94%が正社員として採用されています。

半年に1度正社員登用試験がありますので、最短半年で正社員になることができます。

期間工から職長➜海外赴任➜工場主任➜課長➜防府工場の工場長となった方もいますので、他のメーカーに比べると入社した時点でかなり将来性があります。

最初は契約社員からスタートですが、仕事に対する意欲があれば資格取得も含めて様々なことにチャレンジできるようになりますので、まったく新しい人生になることは間違いないでしょう。

ちなみにブリヂストン入社12年目の係長で年収7,489,000円です。

>>ブリヂストン期間工の求人詳細はこちら

ブリヂストン期間工まとめ

工場によって少し待遇は変わってきますが、3交替制度の給料の良さと残業・休出がほとんどないので働きやすく満足度の高いメーカーなのは間違いありません。

さらにハローワークや正社員になれない派遣社員もたくさんいるなか、ブリヂストンは正社員登用率94%ですので将来的にもかなり魅力があります。

従業員数は世界に約14万人いますし、正社員になった後も昇給や昇進も期待できる事から人生の新しい目標にもなります。

>>ブリヂストン期間工の求人詳細はこちら

絞り込み検索

記事の執筆者

期間工経験者が在籍している弊社編集部が、期間工で安心して働けるように情報発信しています。体験談や経験者へのインタビューで自動車メーカーの裏側を大公開。